月別アーカイブ  [ 2007年05月 ] 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

バージョン 3.50 アップデートを開始 


FW3.50がアップデート開始されました。
予告どおり5月末にリリースしました。主にリモートプレイの対応のようです。


システムソフトウェア バージョン3.50で更新される主な機能




ネットワーク




・DLはこちら




スポンサーサイト
[ 2007/05/31 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

体験版 



体験版が全部で17タイトルDLできるようになりました。
PSPからアクセスポイントを経由してオフィシャルサイトでDLしてください。

[ 2007/05/31 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

メタルギアオンライン第二弾 


MPOのオンラインイベント実戦 傭兵争奪戦が6月4日に行われる
コナミのスタッフと対戦(実戦)して勝つとコナミスタッフの育てた兵士を捕獲することができるみたいです。


・詳細はこちら

[ 2007/05/31 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

XMBからリカバリーモード起動 

XMBから直接リカバリーモードが起動できるRECOVERY EBOOTがリリースされました。
これはすべてのCFWに対応してます。

準備するもの
CFWを導入済みのPSP
Recovery EBOOT for all OE types

手順

1、DLしたファイルを解凍します。
2、フォルダを開いて(MS_ROOT/PSP/GAME150/
RM_DAX)RM_DAXフォルダをPSPのGAME150フォルダの中に入れます。

3、XMBから
Recovery EBOOT起動します。


4、リカバリーモードが起動します。

[ 2007/05/31 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

移転 

移転しました。
見栄えやとかも良くなったとおもいます。
まだ移転したばかりなので間違えや不具合があるかと思いますがよろしくお願いします。

[ 2007/05/30 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

CFW3.30OE-A’ 

カスタムファームウエア3.30OE-A'がリリースされました
更新点
・セキュリティーのバグ修正

早速導入法を解説します。
準備するもの
カスタムファームウエア3.30OE-A導入済みのPSP
カスタムファームウエア3.30OE-A’

導入法

1、ファイルをダウンロードしたら解凍しフォルダの中にある330_oea2updateGAME150フォルダにコピーします
(ms0:/PSP/GAME150/330_oea2update)


注意
・ここからの作業はPSPのflashを書きかえますので、作業の途中で電源を切ったり
MSを抜いたりしないでください。
・電池は75%以上、作業は充電器をつなげたままの状態にしてください。
・プラグインを導入している方はすべて無効にしてください。
・以下の手順を踏むことによりPSPが最悪壊れてしまう場合があるので、自己責任でお願いします。
2、PSPの電源を入れてGAMEから3.30 OE-A2 Updateを起動します。


起動するとこんな画像になります


3、数秒すると勝手にXMB(メニュー)に戻ります。


これで3.30OE-A'のインストールは完了です。
[ 2007/05/29 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

FW3.50 

FW3.50がリリースされる?
PS3のFW1.80のリモートプレイがPSPのFW3.50を必要とするらしいです。
噂ですが5月末にはリリースされるとのことです。

リモートプレイについて  
ホットスポットなどと呼ばれる公衆無線LANサービスのアクセスポイントから、自宅のPS3™にインターネット経由で接続します。PS3™を接続待機状態にしておくことで、自宅から離れた場所からリモートプレイをすることができます。




 



  • この機能を使うには、PSP®のシステムソフトウェアがバージョン3.50以上になっている必要があります。3.50のアップデートは、5月末に実施予定です。

  • インターネット経由でリモートプレイをするには、PLAYSTATION®Networkのアカウントが必要です。

  • 公衆無線LANサービスの利用方法や料金は、サービス事業者によって異なります。詳しくは、サービス事業者にお問い合わせください。



  1. PS3™で、[フレンド]から[サインイン]を選ぶ。
    インターネット経由でリモートプレイをするには、PLAYSTATION®Networkへのサインインが必要です。

  2. PS3™で、[ネットワーク]から[リモートプレイ]を選ぶ。
    リモートプレイの接続待機状態になり、サインインIDが表示されます。

  3. PSP®で、ホームメニューの[ネットワーク]から[リモートプレイ]を選ぶ。

  4. PS3™への接続方法に[インターネット経由で接続する]を選ぶ。

  5. 接続先の一覧から、リモートプレイで使用するアクセスポイントの接続先を選ぶ。

  6. PS3™で使っているPLAYSTATION®NetworkのサインインIDとパスワードを入力する。

    接続に成功すると、PSP®にPS3™の画面が表示されます。


[ 2007/05/29 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

改造クエストを無線LANを経由してDL!!! 


MHP改造クエストを無線LANを経由してDLできるツールmib鯖

mib鯖とは?
1、このソフト「mib鯖」をPC上で実行して、 
2、PSPの無線LANの通信設定をちょっと変更して、 
3、PSP上で対応ゲームソフトを起動してダウンロードメニューに進むと、 4、(公式のダウンロードサーバではなく)上の写真のような「mib鯖」の画面が表示されるので、
5、 PCに保存してあるmibファイルを、PSPにダウンロードできます。 
※ホームページより引用

つまり、らぼこを起動できない(FW1.50やCFWを導入したPSPを持っていない)人でも改造クエストを無線LAN経由でMSに保存、できてしまうというすごいツールです。開発者さまに感謝です。ほんと。
早速導入法を紹介しましょう!
注意 セーブデータが壊れる危険性があるので必ずバックアップを取って行い、自己責任でお願いします。

準備するもの
・Windows PC
・無線LAN
・que形式のファイル
※ない方はこちらにアップしておくのでQUESTとかで改造してください。


導入法
「mib鯖」作成者様の
ホームページに導入法が詳しく載っているので、参考にしてください。

mibファイルに変換
「mib形式のファイル」を用意する訳ですが、que形式のファイルの拡張子を変えるだけで良いです。
1、改造クエストの本体である「que形式のファイル」の名前の「~.que」と書いてある.que.mibに変更することによって拡張子が変更されmibファイル
になります。
注意 ~.que
の部分は半角英数にしないと認識されません。

2、mibフォルダに入れるだけです。



[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

改造クエストのやり方 

改クエのやり方

準備するもの
・メモリースティック2枚
※一枚には自分のデータが入ったもの
・USBケーブル
・改クエのセーブデータ


1、改造クエストエストを入れた方のメモリースティックをUSBでパソコンにつなげて改造クエストの入っているセーブデータ(ULJM5156)を[ms:0/PSP/SAVEDATA/]に入れます。

2、自分のデータが入ったメモリースティックをPSPに入れ、UMDを起動してデータをロードしたら集会所にいきます。
3、先ほど改造クエストを入れたメモリースティックに差し替えて、受付に行きイベントクエストを選びます。
4、すると改造クエストが表示されますので受注します。


5、自分のメモリースティックと交換して、クエストに出発すると改造クエストができます。
  
[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

PSP3.30oe/3.40oe theme pack( Final) 

PSP3.30oe/3.40oeに対応したテーマパックがアップされました。
内容は
・アイコン
・ボリューム表示
・WAVE
・バッテリー表示
・テーマ
容量は圧縮された状態で約30MBと大きいですが、その分内容も濃いです。

・DLはこちら
・導入法はこちらの記事を参考にしてください。
注意 導入は自己責任で!!!
一部のアイコンのスクリーンショットを載せておきますので[つづきはこちら] をクリック


[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

CWCheat 0.1.7 Rev C for POPS and PSP games  

CWCheat 0.1.7 Rev C for POPS and PSP games がリリースされました。
更新点は


  • [ALL] now it's possible to do pg up/down in the text reader (left/right)

  • [ALL] optimizations and removal of various part of the code to reduce prx size

  • [ALL] added an entry for the memory editor (disabled for now)

  • 0000005: [POPS] now it's possible to use again the memory card manager functions with older pops loaded trough popsloader or with an old OE CF

  • 0000001: [ALL] Fixed a buffer overflow in the remaps selection screen which could make cwcheat crash and show some graphic glitch when selecting a file with a long name. plus a better check for the file opening process was added

  • 0000002: [ALL] added float support in the fixed/diff search

  • 0000003: [ALL] fixed the macro support which didn't work and crashed cwcheat while loading the macro. this was caused by an old reference to older folders which is now fixed. plus a check for the presence of the file was added to prevent crash with wrongly referenced macros

  • added support to save (only 3.40)/read (all Firmwares) *.VME memory cards

  • various fixes

  • [SITE] added more checks in the cheat add functions

  • [SITE] now it's possible to add cheats by pasting the db snippet of the game+cheats you want to add

  • [SITE] fixed various glitches in the db, if you find something like "_L 0" "_L " "_L 0 0" or other wrongly formatted entries please report them

  • [SITE] Added a lot of missing images

  • [SITE] removed various "cloned"/with bad id/with missing game name or id games


主にバグ修正や機能追加?などです。
・DLはこちら
・導入方法はこちらの記事を参考にしてください


PSP用 スーパーファミコン エミュレーター - Snes9xTYL 0.4.2 ME 

PSPで スーパーファミコン をすることができる エミュレーター を紹介したいと思います。




XMBを改造 

XMBの改造法を解説します。
注意 flashを書き換えますので、手順を間違えると最悪の場合PSPが壊れてしまうことがあるので自己責任でお願いします。

ー改造できるものー
・波の模様
・アイコン
・バッテリー表示
・ボリューム表示
・起動画面
・USBのスライドバー

準備するもの
・CFW導入済みのPSP
・素材(自分のPSPのCFWバージョンに対応しているもの)
※参考サイト
がんばれ!PSPS3&ちょっとだけDS+Wiiさんのところに紹介されています。

手順
1、リカバリーモード起動(Rボタンを押しながら電源をつける)
2、USBケーブルをPCとつないでおく
3、[Advanced][Toggle USB (flash0)]を選択し、flash0内をPCに表示させる。
※一応flash0をバックアップしておいてください
4、vshフォルダを開きます

5、resourceフォルダを開きます

6、resourceフォルダ内のファイルに、自分の変更したいもの(ファイル)を上書きします。





























波の模様 system_plugin_bg.rco
アイコン topmenu_plugin.rco
バッテリー表示 system_plugin_fg.rco
ボリューム表示 impose_plugin.rco
起動画面 gameboot.pmf
USBのスライドバー sysconf_plugin.rco


・ファイル
 
7、PSPのXMBに戻れば、変更されているはずです。


[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

PSPの分解 

フェイスプレートを交換する時などの分解法を解説します。
注意 この作業を行うとPSPの修理や保障が一切受けられなくなります

準備するもの
・プラスの精密ドライバー
・サランラップ
・エアダスター
 ※ほこりを飛ばすため

ネジをとる
で囲ってあるところのネジを取ります。
一箇所、で囲ってある所のラベルを剥がさないとネジが取れないので剥がします。
注意 このラベルを剥がすことによりPSPの修理や保障が一切受けられなくなります


PSPの側面にあるネジを一つ取ります


これでネジはすべて取れました。

ふたを開ける
1、ふたを開きます。このときに画面の静電気によってホコリが入ってしまうので、開けたらホコリが入らないように素早く画面にサランラップをします。
また、フェイスプレートは表を向けたまま机などに置けばホコリが入りません。
※風呂場で作業をすればホコリがほとんど入らないそうです。


2、作業を終えたらサランラップを取って素早くフェイスプレートを装着します。
ホコリが画面やフェイスプレートに入ってしまった場合は、エアダスターなどで吹き飛ばしてください。
※画面のホコリをエアダスターで飛ばす場合、直接画面に長い間吹きかけると割れてしまう恐れがあるので注意してください。
3、ふたをしてネジを元にあった場所に取り付ければ完了です。
[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

DaedalusR12について 

おなじみの任天堂64エミュレータDaedalusの次期バージョンR12ではグラフィックが向上するらしいです。また、GOALDEN EYEなどのゲームにも対応?するかも知れません。
スクリーンショットを見る限りこれは結構期待できそうです。



ホームページより引用

[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

Vsh Menu 解説 

Vsh Menu とは CFW に搭載されている機能の一つで XMB で以下のように CFW の一部の設定の変更や機能を使うことが可能です。

- CPU クロックの変更
- USB Device の変更
- UMD ISO Mode の変更
- UMD Video の ISO を再生する
- パンドラバッテリーの作成, ノーマル化(5.50 GEN のみの機能)
- PSP の電源を切る
- PSP の再起動

わざわざ リカバリーモードを起動しなくても CFW の設定を変更したり 便利な機能を使うことができます。

これらの機能の設定や使い方を解説していきたいと思います。
CFW のバージョンによって Vsh Menu の機能が一部違う部分があります。
ここでは 現在主流の 5.00 M33-6 と 5.50 GEN の Vsh Menu の機能や設定方法について解説します。

[ 解説 ]

Vsh Menu の表示方法

1.XMB で SELECTボタン(CFW 3.52 M33-3,4 の場合は HOME ボタン)を押して VSH MENU を表示します。 

2.すると Vsh Menu が表示されます。

 

Vsh Menu 機能解説

Vsh Menu では基本的に ×ボタン で選択, 方向キーでカーソルの移動ができます。 

CPU CLOCK XMB:

XMB でのCPU クロックを必要に応じて変更することができます。
数字が大きいほどパフォーマンスが向上しますが バッテリーの減りが速くなります。
逆に小さいと バッテリーの持ちは良くなりますが動作が遅くなったり 処理が追いつかなくなるとフリーズしてしまうことがあります。
基本的にはデフォルト(222MHz)で使用しています。

CPU CLOCK GAME:

UMD や ISO, 自作アプリ, PS1 ゲームでのCPU クロックを必要に応じて変更することができます。
数字が大きいほどパフォーマンスが向上しますが バッテリーの減りが速くなります。
逆に小さいと バッテリーの持ちは良くなりますが動作が遅くなったり 処理が追いつかなくなるとフリーズしてしまうことがあります。
基本的にはデフォルト(222MHz, ソフトによってはクロック数が自動で変動することがあります)で使用しています。

USB DEVICE:

XMB で パソコンとPSPをUSB接続した際の接続先のデバイスを変更することができます。
通常では メモリースティック ですが UMD や Flash1,2,3 に接続先を変更することが可能です。

UMD ISO MODE:

UMD を ISO/CSO 起動する際に何のドライバを使用するか設定できます。
通常の Normal モードでは ダミーの UMD を PSP に入れておく必要があるのですが この設定を他のドライバ(M33 driver/NP9660/OE isofs legacy)に設定することによって UMD を入れておかなくても ISO 起動をすることができるようになります。
このドライバーごとで性能が異なりますので注意が必要です。

Normal:ISO起動する際に UMD を入れておく必要になります
NP 9660:ソニーの公式 UMD ドライバーを利用したもので UMD を入れておかなくても ISO 起動をすることができます
M33 Driver:NP9660 を改良し動作を改善したもので UMD を入れておかなくても ISO 起動をすることができます
OE isofs legasy:UMD を入れておかなくても ISO 起動をすることができますが 古い OE の UMD ドライバのため 正常に動作しないソフトが多いです

基本的には M33 Driver が安定性やほとんどのゲームタイトルで正常に動作するためこのドライバーを使用することをお勧めします。

ISO VIDEO MOUNT:

吸い出した UMD Video の ISO をマウントして再生することができます。
UMD VIDEO をバックアップ起動 の記事を参考にしてください。

MAKE PANDORA BATTERY:

PSP に入っているバッテリーでパンドラバッテリーを作成します。
ただし PSP-2000 の TA-085 v2 以降の基板ではパンドラバッテリーの作成とノーマル化をすることができません。
また 対策されているバッテリーではパンドラバッテリーにすることができません。

※5.50 GEN のみの機能です

MAKE NORMAL BATTERY:

PSP に入っているパンドラバッテリーを通常のバッテリーに戻します。
ただし PSP-2000 の TA-085 v2 以降の基板ではパンドラバッテリーの作成とノーマル化をすることができません。

※5.50 GEN のみの機能です

SHUTDOWN DEVICE:

PSP の電源を切ります。

RESET DEVICE:

PSP を再起動します。
プラグインを導入した際などPSP の再起動が必要な場面で便利です。

EXIT:

Vsh Menu を閉じます。
[ 2007/05/26 ] 解説 | Blog Ranking | Trackback

CFWからFW1.50へリカバリー 

リカバリーとは
1、CFWからPSPv1.50へ戻す(リカバリー)ことができる。
2、多少のオンボートフラッシュの破損のときでも起動可能
なので、ウイルスによってPSPが壊れたりしたときに使えば、復活ができる場合
があります。※できない場合もある
緊急のときにしか、使うときがないと思いますが、万が一に備えて導入しておきましょう。

準備するもの
リカバリーモードを導入したPSP
 ※まだ導入していない方はこちら
FW1.50のアップデータ

導入法

1、GAMEフォルダ内のRECOVERYフォルダに、FW1.5のアップデータの「EBOOT.PBP」「UPDATE.PBP」と名前を変えいれます。

・RECOVERYフォルダ内部

これで終わりです。

ver1.50へリカバリー
1、PSPの電源を切り、Rボタンを押しながら電源を入れる。
するとリカバリーモードのメニューが表示されます。



2、Run program at /PSP/GAME/RECOVERY/EBOOT.PBP を選択します。(xボタン)
注意 
・この作業によってPSPが壊れてしまう場合があるので、自己責任でお願いします。
・バッテリーは75%以上で充電器に接続したまま作業を行ってください。

3、ボタンで書き換えを開始、Rボタンでキャンセル


そして画面に終了とでるまで、待つ。
3、終了したら手動で電源を切り、つけると「設定が壊れている」という表示がでるので、○ボタン
を押し初期化する。
4、ver1,50にリカバリーされているはずです。

[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

ハッシュ値の確かめ方 

ハッシュ値を確かめる方法を紹介します。

準備するもの
Hash Tab Shell Extension

インストール

1、hashtab_setupをダブルクリックます。

2、
Next>I agree>Installでインストールをします。
これでインストール完了です

方法

1、ファイルに
右クリック>プロパティでプロパティを表示します。
2、「ハッシュ値」の項目ガ追加されているので、それをクリックするとハッシュ値が表示されます。


3、確かめたいハッシュ値(MD5、SHA1、CRC-32)をそれぞれに書き込んで
比較をクリックすると、一致しているかが確かめられます。

[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

スクリーンショット内臓法 

プラグインをFLASHに直接書き込むことによって自作アプリやリカバリーモードのスクリーンショットがとることができます。
注意 FLASHに直接書き込む事はとても危険ですので、手順を間違えないようにして自己責任でお願いします。また、FLASHのバックアップをとっておいてください。

準備するもの
CFW導入済みのPSP
スクリーンショットモジュール

手順

1、PSP Nikki様から
スクリーンショットモジュールをDLして解凍します。
2、PSPとPCをUSBでつないでおきます。
3、リカバリーモードを起動(Rボタンを押しながら電源をつける)します。
4、Advanced>Toggle usb(flassh0)を選択するとflash0内のファイルがPC上に表示されます。


5、右クリック>新規作成>フォルダで[plugins]という名前のフォルダを作ります。

6、先ほど解凍したフォルダの中にあるscreenshotbmpをpluginsフォルダに入れます。

6、kdフォルダを開きます。

7、中にあるテキスト(pspbtcnf_game.txtpspbtcnf_updater.txt ) を開き、テキスト下部の%のついている行の上のところに[/plugins/screenshotbmp.prx]と書き込み、上書きします。

・自作アプリ kd/pspbtcnf_game.txt 


・リカバリーモード kd/pspbtcnf_updater.txt 


8、リカバリーモードを終了します。
これで完了です。
自作アプリやリカバリーモードのときに♪ボタンを押してスクリーンショットが撮れます。
※画像の保存はms0:/PSP/PHOTO/capture/にされます。
[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

PCに内蔵されている無線LANでXLINK kaiをする 

PCに内蔵されている無線LANでXLINK kai(MHP2)ができました。
なのでやり方を説明したいと思います。
※設定のみ説明しますので、その他ツールのダウンロードとかは公式ページを参考にしてください。

設定
1、メニューのスタート>接続>すべての接続を表示を選びます。


2、[無効]になっているワイヤレスネットワーク接続をダブルクリックして[有効]にしてください。


※有効としたときに[ワイヤレスネットワーク利用不可]と表示されていても構いません。

3、PSPの電源を入れてオンライン集会所に入って電波を出します。
4、ワイヤレスネットワーク接続を右クリック>利用できるワイヤレスネットワークの表示を選びます。
5、[PSP_~]と表示されていると思いますので、それを選び[セキュウリティで保護されていなくても、選択したワイヤレスネットワークに接続する]にチェックを入れて[接続]をクリックします。
これでPSPがPC上で認識されます。


6、スタート>すべてのプログラム>XLink Evolution VIIStart Kai> Configをクリックします。


7、各項目を設定します。


①「Kai Port」と「Kai Deep Port」に「30000」と入力します。
②「NetworkAdapter」から「1394ネットアダプタ」を選びます。
③「Default X Tag」と「Default Password」にXLinkの登録で登録した内容を入力します。
④「Auto Login」にチェックを入れます。
⑤「Accept UI Connections From」から「Any IP Address」を選びます。
⑥[OK]をクリックします。

これでPCに内蔵されている無線LANでXLINK kaiができるはずです。

[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

TA-082/86の不具合修正 



TA‐082/86基板のPSPをダウングレードした際に
・USB関連
・充電関連
などの不具合が生じます。

Key Cleanerによってそれを
修正することができます。
使い方は
ひとりごとぶろぐさんのこの記事に詳しく説明されています。
※IdStorageの書き換えはとても危険なので自己責任でお願いします。

また、IdStorage キーの状態によっては正常な PSP からダンプした IdStorage キー(0x0006.bin 、0x0043.bin )ファイルが必要なのですがアップしておくので、もし使うのなら自己責任でお願いします。
※DLしたファイルは解凍してください。

〉Drak_AleX氏のTA-082基板用FW2.71 ダウングレーダーを使用した場合は0x0043が消失しています。
 
 ・
0x0043.bin

〉NoobzのFW2.80またはFW3.03 ダウングレーダーをTA-082/86基板で使用した場合は0x0006が消失しています。

0x0006.bin 訂正しました 

追記 0x0006について、一度確かめました。管理人が所持しているTA-082基板であるPSPのid(0x0006)を調べたところ、いろいろいじっているうちに間違えてTA-079のidに書き換えてしまっていたようです。そのidをアップしたことによって当サイトの0x0006は御指摘があったようにハッシュ値が違っていたようです。
本当に申し訳ありませんでした
以後このようなミスがないようにします。管理人が使用していた限り前アップしていたidで不具合はありませんでしたが、修正前に当サイトにアップしておりました0x0006を使用した方は
Idstorage Manager 1.1を使って一応修正をかけておいてください。使い方はひとりごとぶろぐさんのこの記事を参考にしてください。
また、コメントで指摘していただいた方に感謝です。ありがとうございました。

ハッシュ値のチェック
・0x0006
MD5 :D257D6B3B48257605843A44254F449D7
SHA1:18719B84EE220DC2383A4ADB26277DECA3736350
CRC32:42A4AC1C

・0x0043
MD5:2FD958155C71C165A4BD95A087BECC96
SHA1:38F9F84B7D1BCE676CFC80D97F781CDB8CA86F26
CRC32:55E26FF6

[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

らぼこ使用法 

PSPセーブデータ改造ツール「らぼこ」の使い方

「らぼこ」とは?
PSPのセーブデータを改造するためのツールです。
ゲームのセーブデータには、いろいろな情報が入っています。レベル・HPの値やアイテム、アクセスできる映像やステージの種類、etc.... これらを自分の望むように書き換えたいとは思いませんか?「らぼこ」は、そんな願いを叶えるための改造ツールです。 
ホームページより引用
注意 セーブデータが破損したりする可能性がありますので、自己責任でお願いします。

準備するもの
・自作アプリ起動可能なPSP(FW1.50、CFWのPSP)
らぼこ

導入法

1、DLしたファイルを解凍し、フォルダを開きます。

2、PSPフォルダを開き、GAMEフォルダの中にあるLABOKOLABOKO%
・CFWを導入しているPSPの場合メモリースティックのGAME150フォルダへコピーします
    (ms0:/PSP/GAME150/LABOKO,LABOKO%)
・FW1.50のPSPの場合メモリースティックのGAMEフォルダへコピーします
    (ms0:/PSP/GAME/LABOKO,LABOKO%)

これで導入は完了です。

使用法
1、PSPかららぼこを起動します。


2、セーブデータツールを選択し、セーブデータを選びます。


3、ファイルに複合化を選び、しばらくすると「完了しました」と表示されます。

4、一旦、らぼこを終了してUSB接続をするとメモリースティックのROOT(PSPフォルダのあるところ)に先ほど選択したセーブデータの複合化ファイルが作成されていますので、それを編集します。

5、編集したら元にあったところ(メモリースティックのROOT)にコピーして、PSPかららぼこを起動します。
6、セーブデータツールを選択し、先ほど選んだセーブデータを選びます。
7、ファイルから暗号化を選択すると編集した複合化ファイルがセーブデータに暗号化されます。しばらくすると「完了しました」と表示されます。
これで作業は終わりです。あとはゲームを楽しんでください
[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

プラグインを導入 

プラグインとは?
スクリーンショットなどの機能(モジュール)の追加ができます。
また、CFWを導入したPSPが対象です。
プラグインを導入していない方はまず、この作業を行ってください。

ー手順

1、メモリースティックのROOT(PSPフォルダのあるところ)に
右クリック>新規作成>フォルダを選択し[seplugins]フォルダを作ってください。

2、先ほど作ったsepluginsフォルダの中に
右クリック>新規作成>テキストドキュメントを選択し[
game.txt] [vsh.txt] [pops.txt]をそれぞれ作ってください。

これで終わりです。

・vshはXMB
・gameはゲーム(UMDなど)
・popsはpopstation(PS1)
それぞれのプラグイン用です。
注意 Pluginの適用は4個以内にしてください。それ以上になるとフリーズします。

[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

PSPでスクリーンショットや動画を撮る 

スクリーンショットや動画を撮るプラグインを紹介します。
準備するもの
CFW導入済みのPSP
Screen Video Capture Module

導入法

1、DLしたファイルを解凍します。
2、フォルダを開き、中に入っている
capture.prxをメモリースティクの中のsepluginsフォルダに入れてください。(ms:0/seplugins/capture.prx)

3、sepluginsフォルダ内のgame.txt
vsh.txtpops.txtにそれぞれ[ms0:/seplugins/capture.prx]と書き込んで上書き保存してください。



4、リカバリーモードを起動します。(Rボタンを押しながら電源をつける)
5、
plugins->を選びcapture.prx[vsh]capture.prx[game]capture.prx[pops]をすべて(Enabled
にしてください。これで導入は完了です。


使用法
・XMBやGAME(UMD、Popstation)のときに♪ボタンを押すとスクリーンショットが取れます。
R+♪ボタンでGIF(動画)が取れます。
撮ったGIF(動画)をPSPで見る場合はフォルダの中に入っている%__SCE__SVCPlayer__SCE__SVCPlayerをGAMEフォルダにコピーしPSPからSVC PLAYERを起動すれば見ることができます。

[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

PSP用 GBAエミュレータ - gpSP Kai 

PSPで ゲームボーイアドバンス をすることができる エミュレーター を紹介したいと思います。




PSP用 NES(ファミコン)エミュレータ - Nester J 

PSPで ファミコン をすることができる エミュレーター を紹介したいと思います。




XLink kaiでオンライン 



XLink kaiとはPCのアクセスポイントを経由して、モンスターハンターなどのアドホックモード(協力プレイ)をすることができます。
アクセスポイントがない人でも3000円くらいで買うことができます。


・導入法は公式ページに分かりやすく説明してあります
・パソコンに内蔵している無線LANを使ってXLink kaiをする方法は
こちら
[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

カスタムファームウェア3.30OE-A 



カスタムファームウェア3.30OE-Aがリリースされました。
早速導入法を解説します。
※TA-082、TA-086基板でも導入できるようです

準備するもの 

FW1.50のPSPまたはCFW導入済みのPSP
カスタムファームウエア3.30OE-A本体  
FW1.50のアップデータ
FW3.30のアップデータ
※FAILEXPOSITION様よりカスタムファームウエア3.30OE-A用DATA.DXARをDLすればDATA.DXARの作成をしなくても良いです。

DATA.DXARの作成
1、カスタムファームウエア3.30OE-A 本体をDLして解凍します。
2、解凍したフォルダに入っているoeupdmaker
oeupdmaker%
・CFWを導入しているPSPの場合メモリースティックのGAME150フォルダへコピーします
    (ms0:/PSP/GAME150/oeupdmaker,oeupdmaker%)
・FW1.50のPSPの場合メモリースティックのGAMEフォルダへコピーします
    (ms0:/PSP/GAME/oeupdmaker,oeupdmaker%)

3、FW1.50のアップデータ(EBOOT.PBP)を「150.PBP 」、FW3.30のアップデータ(EBOOT.PBP)を330.PBP 」という名前にそれぞれ変えます。

4、名前を変えた150.PBP330.PBP を、PSPにコピーしたoeupdmaker
フォルダ(%の付いていないほう)に入れます。

5、PSPから3.30OE-A Update Makerを起動します。


6、起動すると自動でDATA.DXARoeupdmakerフォルダの中に作られます。(約5分)


3.30OE-A導入法
1
カスタムファームウエア3.30OE-A本体に入っている330oeflasher
330oeflasher%
・CFWを導入しているPSPの場合メモリースティックのGAME150フォルダへコピーします
 (ms0:/PSP/GAME150/330oeflasher,330oeflasher%)
・FW1.50のPSPの場合メモリースティックのGAMEフォルダへコピーします
 (ms0:/PSP/GAME/330oeflasher,330oeflasher%)

2、先ほど作成したDATA.DXARを、PSPにコピーした
330oeflasherフォルダ(%の付いていないほう)の中にいれてください。

 
注意 
・ここからの作業はPSPのflashを書きかえますので、作業の途中で電源を切ったりMSを抜いたりしないでください。
・電池は75%以上、作業は充電器をつなげたままの状態にしてください。
・CFWでプラグインを入れている方はすべて無効にしてください。
・以下の手順を踏むことによりPSPが最悪壊れてしまう場合があるので、自己責任でお願いします。
3、PSPの電源をいれ、GAMEから3.30OE-A Farmware Install
を起動してください。


4、このような画像が出ますので、準備ができたらⅩボタンを押すとインストールが始まります。(Rボタンでキャンセル)


5、しばらくするとインストールが終わり
Done.Press X to shutdown the PSP.Restart the PSP manually.と表示されるのでxボタンを押して電源を落とします。
そして、電源を入れると3.30OE-Aになっているはずです。



●導入を終えてみて
・ロケーションフリープレイヤーが使えなくなっていました。flashの節約ですかね・・・
・アイコンのバグもあるようです。
[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

XMBのテーマ色を変える 



テーマは12色しかないのですが、自分の好きな色に変えることができます。
注意 flash0を書き換えるので手順を間違えると最悪PSPが壊れる可能性がありますので自己責任でお願いします。

準備するもの 
12bmpBreaker
・カスタムファームウエア導入済みのPSP
・javaをインストール済みのPC
 ※インストールしていない方はこちら

手順

1、DLしたファイルを解凍します。
2、PSPとパソコンをUSBでつないでおきます。
3、リカバリーモードを起動して
Advancedを選択し、Toggle USB(flash0)を選ぶとflash0内のファイルがパソコン上で表示されます。


4、vshフォルダを開いてresourceフォルダの中にある
01-12.bmpを先ほどDLした12bmpBreakerフォルダの中にコピーします。
※一応バックアップもとっておいてください

5、12bmpBreakerを起動します。

6、「分解」を選択すると01-12bmpフォルダが作成されます。

7、01-12bmp
フォルダを開き、中にある12個のテーマの自分のいらないテーマの色とかをペイント等で編集して上書き保存します。

8、12bmpBreakerを起動し、「結合」を選択すると編集したテーマが01-12.bmp
に結合(上書き)されます。
9、結合された01-12.bmpを、もとのflash0 / vsh / resourceフォルダの中の01-12.bmp
に上書きします。
10、XMBに戻って自分の編集したテーマに変更されているはずです。
[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

このサイトについて 

当ブログ(PSP-Q)について:

PSPを有効に活用する方法を紹介しています。
カスタムファームウェア, UMDのメモリースティック起動, PSPで動く各種エミュレータ などの活用法を幅広く取り扱っています。
初心者の方にも分かりやすい解説を心がけてサイトの更新を行っています。

管理人:Q

リンクについて:

当サイトはリンクフリーです。
アクセスランキングにランクインした時点で相互リンクとさせていただきます。

転載について:

無断転載は禁止とします。
記事のリンクを張る事は構いませんが、
リンクした記事の内容に間違いが含まれていたとしても責任は取れません。

免除事項:

ソニーコンピュータエンタテインメント社が推奨する使用法ではありません。
サイトに記載されている事を実行し、どんな不利益が生じようとも、当サイトは一切の責任を負いません。

動作確認済みインターネットブラウザ(推奨):

- Internet Explorer 6.0/7.0/8.0 beta2
- Firefox 1.0/1.5/2.0/3.0/3.5/3.6
- Safari 3.2
- Opera 9.6
- Chrome 1.0
[ 2007/05/25 ] その他 | Blog Ranking | Trackback
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。