スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

すべてのFWがDG可能に!PANDORA'S BATTERY  

Sony PSP - Image 1

すべてのFWがDG可能に!PANDORA'S BATTERY

Noobzチーム+ハッカーさん達によってPANDORA'S BATTERYがリリースされました。これによって現在存在する 全FW の PSP-1000(旧型PSP) がDG可能になりました。ウイルスやDGのミスによって破損した場合でも修復可能です。またバッテリーはSONY純正のもの、メモリースティックはMS Pro Duoを使用してください。バッテリーを改造すると使用できなくなりますが通常のものに再度書き換え可能とのことです。
また、バッテリーの情報を書き換えるにはアプリが起動できるCFWまたはFW1.50のPSPが必要となっています。

準備するもの


・ダウングレードしたい PSP-1000 ※新型PSP-2000 では使用不可
・CFW または FW1.50 のPSP
バッテリー(SONY純正)×1
・メモリースティック
Pro Duo(256MB~4GB推奨)※MS Duoでは不可
PANDRA’S BATTERY ツール本体
FW1.50のアップデータ

(1)
Magic Memory Stick・JigKick Battery 作成


1.DLしたファイルを解凍します。
2.PCとPSPを接続しておく。
3.mspformat フォルダに入っている
mspformat.exe
スタート→マイコンピュータ→ローカルディスク(C:)の中にコピーします。

4.スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトを起動します。

5.C:Documents and settings¥ユーザー名>が表示されます。
cd¥と入力して [ Enter ] を押します。

6.
C:¥>表示されるので mspformat  [ドライブ名] と入力して [ Enter ] を押します。
管理人の場合 E:ドライブ なので mspformat e と入力しました。

7.You are about to format the drive [ドライブ名].
All data will be lost.do you want to continue?[Y]
と表示されるので Y と入力し[Enter]を押します。

8.しばらくすると
Drive succesfully formatted,and partition moved.と表示されフォーマットが完了するのでPSPとPCの接続を切る。


9.PSPとPCを接続します。
10.メモリースティックの中が空になっているので PSP フォルダを作り、その中に  GAME フォルダと GAME150フォルダを作る。
[ 右クリック>新規作成>フォルダ で作成する ]


11.batteryフォルダ,installerフォルダにある
pandora_batterypandora_battery%pbfirm_installpbfirm_install%
・CFWを導入しているPSPの場合 GAME150 フォルダにコピーします。
・FW1.50の方は GAME フォルダにコピーします。

12.FW1.50のアップデータ(EBOOT.PBP) UPDATE.PBP という名前に変えます。

13.先ほど名前をかえた UPDATE.PBP をメモリースティックの ルート(PSPフォルダのあるところ)にコピーします。

14.PSPとPCの接続を切ります。
15.XMBから
Pandora's Battery Firm.Installer を起動します。

16.画面に以下のような文が現れるので×ボタンを押してmsipl.binファイルを作成します。終了するとXMBに自動で戻ります。 


作成終了画面:


作成されたmsipl.bin:


17.PSPとPCを接続します。
18.メモリースティックの ルート に作成された msipl.bin ファイルと msinst フォルダにある
msint.exe
スタート→マイコンピュータ→ローカルディスク(C:)の中にコピーします。
19.コマンドプロンプト(手順4.5参照)で
C:¥>msinst.exe [ドライブ名] msipl.bin と入力して[Enter]を押します。 

20.Are you sure?と表示されるので Y と入力し [ Enter ] を押します。
21.Write MS BOOT CODE.と表示されメモリースティックの情報が書き換えられました。
22.PCと接続を切り、XMBから Pandora's Battery Creator を起動します。

23.画面に以下のような文が表示されます。
この時 △ボタン でバッテリーの EEPROM のバックアップを取っておきましょう。
これは後でバッテリーを通常のものに書き換えるのに使用します。
作成が終了するとXMBに戻ります。

バックアップファイル作成終了画面:

24.再び Pandora's Battery Creater を起動したら
×ボタン
でバッテリーのEEPROMを書き換えます。
これで Magic Memory Stick・JigKick Battery の作成は完了です。 


(2)ダウングレード
- 注意事項 -  
・これからの作業によってPSPが壊れることがありますので、自己責任でお願いします。
・電池は75%以上にしてください。
・ダウングレード中は電源を切ったり、メモリースティックを抜いたりしないでください。

24.DGしたいPSPに先ほど書き換えたメモリースティックバッテリーを入れます。
※この時充電器は装着しないでください。

25.自動で電源が入り以下のメニューが表示されます。
×ボタンでDGの画面に移行します

26.×ボタンでDG開始です。Rボタンでキャンセル

27.DGが終了したら以下の表示が出るので×ボタンで電源を落とします。

28.設定が壊れているとの青い画面がでるので、設定を済ませる。

※TA-086のPSPをDGしましたが、電源をつけたときに画面の輝度がない状態でつくと思うので♪ボタンの隣の□ボタンを押すと画面がつきます。
これでダウングレードは完了です。

〉分かりにくいところがあればコメントからどうぞ。DG成功したよ~という方も報告お待ちしております。
 
 
(※)パンドラバッテリーを通常のものに戻す
1.書き換えのしていないバッテリーを入れてPSPを起動します。
2.充電器をつけてます。
3.バッテリーをはずし、DGに使う為に書き換えたバッテリーを入れる。
4.XMBから Pandora's Battery creator を起動します。
5.手順23で作成したバックアップデータを L+R ボタンを押してバッテリーに書き込みます。


6.終了するとXMBに戻ります。

スポンサーサイト

CFW3.52M33-3アップデート 

CFW3.52 M33-3がリリースされました。
今回のアップデートでは機能追加が主になっており、使いやすくなった感じがします。


[ 2007/08/20 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

UMDをPCにコピー 

UMDをPCに直接コピーするツール【USBSSS】
メモリースティックの容量が不足している時などに便利です。



このツールを使用する事によってUMDを直接パソコンにコピーする事ができます。

 - 準備するもの
・CFW導入済みのPSP
USBSSS ツール本体

●Amazon にてメモリースティックが格安で販売中 



(1)ファイル導入
1.ダウンロードしたファイルを解凍します。

2.解凍してできたフォルダを開きます。

3.MS_ROOT/PSP/GAME/ フォルダの中にある %__SCE__USBSSS__SCE__USBSSS の2つのフォルダをメモリースティックの PSP/GAME150/ フォルダの中にコピーします。

※GAME150 フォルダがない場合は作成する。

3.XMBから USB Special System Storage を起動します。



4.PSPをUSBでパソコンと接続しておきます。

5.Virtual FAT16 . UMD ISO-9000 にカーソルを合わせ×ボタンを押します。



6.この画面が表示されリムーバブルディスクとして UMD の ISO がパソコン上で認識されます。



7.ISO をドラック&ドロップしてパソコンにコピーすれば吸出しは完了です。

※コピーした後は ISO のファイル名を変えても問題ありません。
但し、名前は 半角英数 で入力してください(日本語では不可)




8.これで吸出しは完了です。

(2)起動する
1.メモリースティックのROOT(PSPフォルダのあるところ)に ISO という名前のフォルダを作成して、そこに先ほどコピーした ISO を入れます。


2.XMBからアイコンを選ぶと起動します。
注意:起動するときは何かUMDを入れておいてください。



(※)No - UMD モード設定
CFW 3.52M33-3 以降のバージョンの場合 UMD を入れなくても ISO 起動できるようになります。

■設定方法
1.VSH MENU の表示

CFW 3.52M33-3 / 4 の場合 は XMB で HOME ボタン を押します。
CFW 3.71M33以降 のバージョンの場合は XMB で SELECT ボタン を押します。

2.UMD ISO MODE で 右方向キー を押して M33 driver に設定します。 

3.Exit で ×ボタン を押します。

4.これで設定は完了です。
[ 2007/08/18 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

PSPでPS1をプレイ!PS3-Free popstation v5  

PS1変換ソフトのなかで最新のもので これによって手持ちの PS1 ゲームをPSPでプレイする事ができます。




報告 

最近忙しくてまた更新が滞っています。
その間に相互リンク依頼があったのですがコメントではよく分からなくなってしまうので
先ほど【相互リンク申請用掲示板】を設けました。
これで区別がちゃんとつくようになったので以前、相互リンク依頼をした方で
まだ当サイトに相互リンクされていない場合はお手数ですがこちらの掲示板に再度書き込みお願いします。

相互リンク申請用掲示板

尚、書き込みについてですが
【サイト名】
【URL】
【コメント等】

を書いた上での投稿お願いします。
質問等は今まで通り当サイトのコメントからのみお願いします。

[ 2007/08/17 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

Recovery3.40 LE adapted for 3.52 M33 

3.40LEに搭載されているSCEP-XMBのようなリカバリーモードをVSHで使うことのできるプタグインがリリースされました。
見栄えも良いし便利なツールですので導入法を解説したいと思います。


[ 2007/08/13 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

CFW3.52M33-2 

3.52M33-2がリリースされました。
今回のアップデートは不具合修正が主なようです。
また新しい”Format flash1 and restore settings”というflash1をフォーマットしてくれる機能が追加されました。不具合が発生した場合はワンタッチで修正可能になったということでとても便利だと思います。

[ 2007/08/13 ] その他 | Blog Ranking | Trackback

更新 

最近忙しくて更新できていませんでした。
コメントや相互依頼がたくさん来ていたのですが対応ができなくてすみません。
これからは何とか暇を見つけて更新していきたいと思います。
また、相互依頼をしてくれる方がたくさんい増えてきたのでコメントだと対応が遅くなったりなってきてしまうので近いうちに相互依頼用の掲示板を作りたいなあとか考えています。
更新できなかった分は今日中に片付けてしまいたいと思います。
あと知らないうちに200,000hitしていました。
これからもよろしくお願いします。頑張って更新していくので。

追記:FW3.50ダウングレーダーが出てからCFWユーザーが一層増えましたので、少しCFWについてまとめた記事を書こうかと思います。

[ 2007/08/03 ] その他 | Blog Ranking | Trackback
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。