スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

universal unbriker for PSP Fat and slim v2リリース 

PSP - Image 1universal unbriker for PSP Fat and slim v2 がリーリスされました。
このツールで以下の事が可能です。
○CFW3.71M33 の導入
○NAND のバックアップ・リストア
○公式FW3.71のインストール(修復可能)

PSP-1000/2000に対応しており、CFW導入やダウングレード失敗によるPSPの破損も修復可能・FW3.71でも導入可能です。

今回のツールによってダウングレードやCFW導入に失敗して破損したPSP-2000も修復可能なのでPSP-2000でCFW3.60M33を導入して失敗した方にとってはいいものではないでしょうか。
FW3.71のPSP-2000でもCFW導入が可能となっており、現在存在するすべてのPSPで使用可能となっています。
今回もパンドラバッテリーが必要になってきます。


準備するもの
○Magic Memory Stick・JigKick Battery作成に必要なもの
・CFW または FW1.50のPSP
バッテリー(SONY純正)×2
・メモリースティック
Pro Duo(256MB~4GB推奨)※MS Duoでは不可
PANDRA’S BATTERY
FW1.50のアップデータ

○ツール導入に必要なもの
Despertar del Cementerio(ツール本体)
FW1.50のアップデータ
FW3.40のアップデータ
FW3.71のアップデータ

Magic Memory Stick・JigKick Batteryの作成
1.こちらMagic Memory Stick・JigKick Batteryの作成
の項目を参考にして作成をしてください。

ツールの導入
2.DLしたファイルを解凍します。
3.Despertar_cementerio2フォルダに入っているdespertar_cementerioフォルダを GAMEフォルダ のなかにコピーします。
フォルダ構成:PSP/GAME/despertar_cementerio



4.FW1.50のアップデータ(EBOOT.PBP)を(150.PBP
FW3.40のアップデータ(EBOOT.PBP)を(340.PBP
FW3.71のアップデータ
(EBOOT.PBP)を(371.PBP )という名前にそれぞれ変えます。


5.名前を変えた 150.PBP340.PBP371.PBP
メモリースティックのROOT(PSPフォルダのあるところ)にコピします。


6.XMBから Despertar del Cementerio を起動します。


7.Press cross to begin the installation.と表示されるので、×ボタンを押すと
Magic Memory Stickのルートにあるkdフォルダregistryフォルダにファイルの展開がされます。


展開されたファイル:

8.終了すると自動でXMBに戻ります。

これでツールの導入は完了です。

インストール
注意 
・ここからの作業はPSPのflashを書きかえますので、作業の途中で電源を切ったりMSを抜いたりしないでください。
・電池は75%以上で作業は充電器をつなげたままの状態にしてください。
・以下の手順を踏むことによりPSPが最悪壊れてしまう場合があるので自己責任でお願いします。

9.PSPに先ほど書き換えたメモリースティックバッテリーを入れます。
※この時充電器は装着しないでください。

10.自動で電源が入り、以下のメニューが表示される。
※PSP Slimの画面には対応していないそうなので何も映りません。


×ボタンで 3.71M33 をインストールします。
○ボタンを押すと 公式FW3.71 をインストールします。
□ボタンで NAND のバックアップを保存します。
 L +R + START + HOME を押すと バックアップしたNAND ファイルを書き戻します。
※メニューにも表示されている通り NANDの書き戻しは危険です。

11. インストールが完了するとPress  to shutdown the psp.
 という表示がされるので×
ボタンを押すと電源が落ちます。


PSP-2000の場合:メモリースティックのアクセスランプが点滅します。
点滅が終わり×ボタンを押して電源が落ちたらインストールが終了したと思っていいでしょう。

12.電源をつけて指定したFWがインストールされていれば完了です。






関連記事

関連エントリ抽出中...
とりあえず、実施してみました
電源スライドさせても電源落ちないし
フリーズっぽくなるんで
入れたけど、3.60M33に戻しちゃいました
もう少し様子見します
[ 2007/09/29 22:56 ] [ 編集 ]
Q(管理人) 様>
導入編の手順6の手前に
「PSP-1000(旧型)の場合はリカバリーからカーネルを3.xxに変更」
と追記した方がよいのでは?^^
[ 2007/09/30 01:03 ] [ 編集 ]
Despertar del Cementerio を起動するとThis progrm2.71ってでるんですけど、わかりませんか??
[ 2007/09/30 09:03 ] [ 編集 ]
CFWの場合はパンドラバッテリーは使わなくてもできるのでしょうか?
[ 2007/09/30 23:29 ] [ 編集 ]
新型を開封してすぐにNANDバックアップするなど、将来いつでもファームウェアを元に戻せる方法ってありますか?
新型をいつでも工場出荷時の状態に戻せる決定的な方法があればテンプレに入れていただけるとありがたいです。
[ 2007/10/03 23:51 ] [ 編集 ]
今わたしのPSPはfw3.71なのですがパソコンがwin98なのでパンドラできないのですが、他の方法はありますでしょうか。
[ 2007/10/07 10:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。