スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

TimeMachine 0.1 

TimeMachine 0.1 がリリースされました。
このツールで PSP-2000 での 1.50 カーネル の動作が可能になります。



ついに PSP-2000 で 1.50 カーネル が動作可能になる TimeMachine がリリースされました。
これによって 1.50 カーネル用 自作アプリ(エミュレータ、ツール 等)が 新型 PSP で起動できるようになりました。

管理人も PSP-2000 で 1.50 カーネル を 動作させてみました。
無理やり起動させている事もあって アプリ起動時の PMF 動画が大荒れする等の不具合が発生しましたが、 1.50 カーネル用のアプリは普通に起動できてしまいました。

また、様々なバージョンを PSP-1000 / PSP-2000 で起動可能となっております。

●起動可能なファームウエア
- FW 1.50 (PSP-1000のみ)
- FW 1.50 と FW3.40 HW Modules の混合カーネル(PSP-1000 / PSP-2000)
- CFW 3.40 OE (PSP-1000のみ)
- CFW 3.60 M33 (PSP-2000のみ)

上記の FW 1.50 と FW3.40 HW Modules の混合カーネル によって PSP-2000 での 1.50 カーネルが起動可能です。
しかし このカーネルの 起動用ファイル を作成するには CFW 3.60 M33 の PSP-2000 が必要となります。
CFW 3.60 M33 導入済みの PSP-2000 が無ければできませんので注意してください。

起動方法は パンドラバッテリー を使用して メモリーステイック に作成した起動用ファイルを直接読み込んで起動させるようになっていますので flashが破損しているPSP や 公式FWのPSP であっても起動可能です。

[ 手順 ]

(1)準備するもの

○ツールのインストールに必要な物
・CFW 2.71 SE 以降を導入済みの PSP-1000 / PSP-2000

○パンドラバッテリー / IPL 作成 で使用する物
パンドラバッテリー / IPL 作成ツール
FW1.50のアップデータ
・バッテリー(SONY純正)×1
・メモリースティック Pro Duo(256MB~4GB推奨)※MS Duoでは不可

○TimeMachine のインストールに必要な物
Dark AleX Time Machine v0.1 インストーラー本体
FW1.50のアップデータ
FW3.40のアップデータ
・360.PSAR ※手順13に作成方法表記
└新型PSPでの 1.50カーネル 動作に必要
・CFW 3.60 M33 導入済みの PSP-2000 ※360.PSAR 作成時のみ必要


(2)パンドラバッテリー / IPL 作成
1.ダウンロードしたファイルを解凍します。

2.pan3xxr3 フォルダの中にある pan3xx フォルダを メモリースティックの PSP/GAME フォルダの中にコピーします。



[ フォルダ構成:PSP/GAME/pan3xx ]


3.FW1.50のアップデータ(EBOOT.PBP) を 「 UPDATE.PBP という名前に変えます。
 
4.先ほど名前をかえた UPDATE.PBP をメモリースティックの ROOT(PSPフォルダのあるところ)にコピーします。

5.CFW 2.71 SE 以降を導入済みの PSP-1000 / PSP-2000 で XMBから Pandra installer for 3.xx -R3- を起動します。


6.メニューが表示されたら 〇ボタン を押すと数秒でバッテリーがパンドラ化されます。


7.次に ×ボタン を押すとファイルの展開 と MSIPL.BIN の作成します。

8.終了すると以下のような表示されますので、△ボタン を押してXMBに戻ります。
OK、if all went well we now have Pandra on the stick.
Don't forget to run msipl installer if needed! Press /\ to quit ...

....or L+X to install MSIPL.BIN to memorystick.

9.これで パンドラバッテリー / IPL 作成 は完了です。


(3)ファイル の導入
10.timemachine_0.1 フォルダの中にある TIMEMACHINE フォルダを メモリースティックの PSP/GAME フォルダの中にコピーします。


[ フォルダ構成:PSP/GAME/TIMEMACHINE ]


11.アップデータを以下のような名前に変更します。
FW1.50のアップデータ(EBOOT.PBP)→「 150.PBP

FW3.40のアップデータ(EBOOT.PBP)→「 340.PBP




12.名前を変えた 150.PBP340.PBP を メモリースティック の ROOT(PSPフォルダのあるところ)にコピーします。



13.360.PSAR の作成 
- FW 1.50 と FW3.40 HW Modules の混合カーネル(PSP-1000 / PSP-2000)

- CFW 3.60 M33 (PSP-2000のみ)

上記2つのカーネルを起動したい場合は 360.PSAR の作成 をする必要があります。
また 360.PSAR の作成は CFW 3.60 M33 を導入済みの PSP-2000 で行います。

13-1.timemachine_0.1 フォルダの中にある 360DUMPER フォルダを メモリースティックの PSP/GAME フォルダの中にコピーします。



[ フォルダ構成:PSP/GAME/
360DUMPER ]


13-2.CFW 3.60 M33 を導入済みの PSP-2000 で XMB から 360DUMPER を起動します。


13-3.下記のように表示されるので ×ボタン を押して 360.PSAR の作成をする。
Press x to start dumping.

13-4.数分で 360.PSAR の作成が終了すると下記のように表示されるので ×ボタン を押す。
...
Dump Complete.
Press x to exit.

13-5.メモリースティックの ROOT(PSPフォルダのあるところ)に 360.PSAR が作成されています。



(4)起動用ファイルの作成

14.CFW 2.71 SE 以降を導入済みの PSP-1000 / PSP-2000 で XMB から Time Machine を起動します。


15.以下のようなメニューが表示されます。

TIME NACHINE INSTALLER

Install iplloader on PSP MS boot secter
Convert Pandra/DC4 ipl into TM format
Install 1.50 (PHAT)
Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)
Install 3.40 OE (PHAT)
Install 3.60 M33 (SLIM)

Exit


16.Install iplloader on PSP MS boot Secter ×ボタン で選択して IPlLoader の書き込みをメモリースティックにします。

17.終了すると以下のような表示がでますので ×ボタン を押してメニューに戻ります。
Checking Space... OK
Writing ipl... OK

Press X to return to main menu

18.Convert Pandra/DC4 ipl into TM format ×ボタン で選択して IPL の作成 と 書き込み をメモリースティックの ROOT の TM フォルダ内に作成します。

19.終了すると以下のような表示が出ますので ×ボタン を押してメニューに戻ります。
Reading msipl.bin... OK
Converting ipl... OK
Writing /TM/pandra.bin... OK

Press X to return to main menu

20.次に起動したいカーネルを選択して起動用ファイルのファイルの作成を行います。

○メニューから起動したいカーネルにカーソルを合わせて ×ボタン を押して起動用のファイルをメモリースティックに作成する。
Install 1.50 (PHAT) - FW 1.50 (PSP-1000のみ)

Install 1.50 with 3.40 hw modules (PHAT&SLIM)
- FW 1.50 と FW3.40 HW Modules の混合カーネル(PSP-1000 / PSP-2000)
※360.PSAR を作成する必要がある

Install 3.40 OE (PHAT) - CFW 3.40 OE (PSP-1000のみ)

Install 3.60 m33 (SLIM) - CFW 3.60 M33 (PSP-2000のみ)

※360.PSAR を作成する必要がある

21.メモリースティックにファイルの作成が完了すると下記のように表示されるので ×ボタン を押してメニューに戻ります。
...
Press X to return to main menu

22.これで 起動用ファイルの作成 は完了です。


(5)作成した起動ファイルを使って動作させる
23.先ほど動作させたいカーネルの起動用ファイルを書き込んだ メモリースティック を PSP-1000 /PSP-2000 に差し込む。

24.手順6でパンドラ化したバッテリーを PSP-1000 /PSP-2000 に入れる。 

25.起動したいカーネルに合ったボタン* を押しながら電源を入れる。

※押すボタンは以下の通り
FW 1.50 (PSP-1000のみ) - ×ボタン
FW 1.50 と FW3.40 HW Modules の混合カーネル(PSP-1000 / PSP-2000)
- ○ボタン
CFW 3.40 OE (PSP-1000のみ) - △ボタン
CFW 3.60 M33 (PSP-2000のみ) - □ボタン

26.選択したカーネルが起動します。






関連記事

関連エントリ抽出中...
これって何かバグでもありますか?
[ 2008/02/18 08:42 ] [ 編集 ]
おお! 待ってました!!!
でも何故に3.60M33からいれるの??
[ 2008/02/18 17:31 ] [ 編集 ]
新型PSPが3.60ではないPSPだからダンプできない…
[ 2008/02/18 17:33 ] [ 編集 ]
3.80/M 33-5(PSP-2000)じゃできませんよね?
[ 2008/02/19 23:52 ] [ 編集 ]
2000の3.90M33を
3.80M33にする方法ってないですかね?
[ 2008/02/20 17:42 ] [ 編集 ]
3.60M33で起動用ファイルを作ったものを、3.80M33-5で使用することは無理なのでしょうか?
[ 2008/02/22 19:51 ] [ 編集 ]
一度3.60にDGしないといけないのかな?
[ 2008/02/28 16:26 ] [ 編集 ]
今のところ新型PSPの3.60以降のFWはもう一度3.60に今のところDG出来ませんが、3.60又は3.60M33のときのNANDのバックアップが有れば出来ます。
360.PSARをどこかでダウンロード又はUPすると一応違法なので注意してください。
[ 2008/03/03 02:40 ] [ 編集 ]

パンドラバッテリー / IPL 作成  とありますが、パンドラバッテリーが既にあっても飛ばせないのでしょうか?
[ 2008/03/22 19:47 ] [ 編集 ]
飛ばせますよ。
[ 2008/04/08 21:10 ] [ 編集 ]
NANDはあるんですが、どうすればDG可能ですか?
[ 2008/04/13 15:30 ] [ 編集 ]
Universal Unbricker v4などで3.60のときのNANDをリストアすればいいんじゃないでしょうか
たぶんですが・・・
[ 2008/04/13 18:15 ] [ 編集 ]
パンドラ化ができません。
[ 2008/04/15 21:07 ] [ 編集 ]
ググろうね…カスですかあなたはwwwここなんの板かわかってますか?
パンドラそれおいしいの?猫…おいしいよ?
[ 2008/04/26 14:58 ] [ 編集 ]
正論すぎる
人に何でも聞いてりゃ解決できると思ってるのかと
探せば見つかるこの時代に自分で探そうともしない奴は最初からネットなんてしない方がいい
[ 2008/09/11 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。