スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

スクリーンショット内臓法 

プラグインをFLASHに直接書き込むことによって自作アプリやリカバリーモードのスクリーンショットがとることができます。
注意 FLASHに直接書き込む事はとても危険ですので、手順を間違えないようにして自己責任でお願いします。また、FLASHのバックアップをとっておいてください。

準備するもの
CFW導入済みのPSP
スクリーンショットモジュール

手順

1、PSP Nikki様から
スクリーンショットモジュールをDLして解凍します。
2、PSPとPCをUSBでつないでおきます。
3、リカバリーモードを起動(Rボタンを押しながら電源をつける)します。
4、Advanced>Toggle usb(flassh0)を選択するとflash0内のファイルがPC上に表示されます。


5、右クリック>新規作成>フォルダで[plugins]という名前のフォルダを作ります。

6、先ほど解凍したフォルダの中にあるscreenshotbmpをpluginsフォルダに入れます。

6、kdフォルダを開きます。

7、中にあるテキスト(pspbtcnf_game.txtpspbtcnf_updater.txt ) を開き、テキスト下部の%のついている行の上のところに[/plugins/screenshotbmp.prx]と書き込み、上書きします。

・自作アプリ kd/pspbtcnf_game.txt 


・リカバリーモード kd/pspbtcnf_updater.txt 


8、リカバリーモードを終了します。
これで完了です。
自作アプリやリカバリーモードのときに♪ボタンを押してスクリーンショットが撮れます。
※画像の保存はms0:/PSP/PHOTO/capture/にされます。
[ 2007/05/26 ] その他 | Blog Ranking | Trackback
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。