スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

Vsh Menu 解説 

Vsh Menu とは CFW に搭載されている機能の一つで XMB で以下のように CFW の一部の設定の変更や機能を使うことが可能です。

- CPU クロックの変更
- USB Device の変更
- UMD ISO Mode の変更
- UMD Video の ISO を再生する
- パンドラバッテリーの作成, ノーマル化(5.50 GEN のみの機能)
- PSP の電源を切る
- PSP の再起動

わざわざ リカバリーモードを起動しなくても CFW の設定を変更したり 便利な機能を使うことができます。

これらの機能の設定や使い方を解説していきたいと思います。
CFW のバージョンによって Vsh Menu の機能が一部違う部分があります。
ここでは 現在主流の 5.00 M33-6 と 5.50 GEN の Vsh Menu の機能や設定方法について解説します。

[ 解説 ]

Vsh Menu の表示方法

1.XMB で SELECTボタン(CFW 3.52 M33-3,4 の場合は HOME ボタン)を押して VSH MENU を表示します。 

2.すると Vsh Menu が表示されます。

 

Vsh Menu 機能解説

Vsh Menu では基本的に ×ボタン で選択, 方向キーでカーソルの移動ができます。 

CPU CLOCK XMB:

XMB でのCPU クロックを必要に応じて変更することができます。
数字が大きいほどパフォーマンスが向上しますが バッテリーの減りが速くなります。
逆に小さいと バッテリーの持ちは良くなりますが動作が遅くなったり 処理が追いつかなくなるとフリーズしてしまうことがあります。
基本的にはデフォルト(222MHz)で使用しています。

CPU CLOCK GAME:

UMD や ISO, 自作アプリ, PS1 ゲームでのCPU クロックを必要に応じて変更することができます。
数字が大きいほどパフォーマンスが向上しますが バッテリーの減りが速くなります。
逆に小さいと バッテリーの持ちは良くなりますが動作が遅くなったり 処理が追いつかなくなるとフリーズしてしまうことがあります。
基本的にはデフォルト(222MHz, ソフトによってはクロック数が自動で変動することがあります)で使用しています。

USB DEVICE:

XMB で パソコンとPSPをUSB接続した際の接続先のデバイスを変更することができます。
通常では メモリースティック ですが UMD や Flash1,2,3 に接続先を変更することが可能です。

UMD ISO MODE:

UMD を ISO/CSO 起動する際に何のドライバを使用するか設定できます。
通常の Normal モードでは ダミーの UMD を PSP に入れておく必要があるのですが この設定を他のドライバ(M33 driver/NP9660/OE isofs legacy)に設定することによって UMD を入れておかなくても ISO 起動をすることができるようになります。
このドライバーごとで性能が異なりますので注意が必要です。

Normal:ISO起動する際に UMD を入れておく必要になります
NP 9660:ソニーの公式 UMD ドライバーを利用したもので UMD を入れておかなくても ISO 起動をすることができます
M33 Driver:NP9660 を改良し動作を改善したもので UMD を入れておかなくても ISO 起動をすることができます
OE isofs legasy:UMD を入れておかなくても ISO 起動をすることができますが 古い OE の UMD ドライバのため 正常に動作しないソフトが多いです

基本的には M33 Driver が安定性やほとんどのゲームタイトルで正常に動作するためこのドライバーを使用することをお勧めします。

ISO VIDEO MOUNT:

吸い出した UMD Video の ISO をマウントして再生することができます。
UMD VIDEO をバックアップ起動 の記事を参考にしてください。

MAKE PANDORA BATTERY:

PSP に入っているバッテリーでパンドラバッテリーを作成します。
ただし PSP-2000 の TA-085 v2 以降の基板ではパンドラバッテリーの作成とノーマル化をすることができません。
また 対策されているバッテリーではパンドラバッテリーにすることができません。

※5.50 GEN のみの機能です

MAKE NORMAL BATTERY:

PSP に入っているパンドラバッテリーを通常のバッテリーに戻します。
ただし PSP-2000 の TA-085 v2 以降の基板ではパンドラバッテリーの作成とノーマル化をすることができません。

※5.50 GEN のみの機能です

SHUTDOWN DEVICE:

PSP の電源を切ります。

RESET DEVICE:

PSP を再起動します。
プラグインを導入した際などPSP の再起動が必要な場面で便利です。

EXIT:

Vsh Menu を閉じます。
[ 2007/05/26 ] 解説 | Blog Ranking | Trackback
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。