スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

任天堂64 エミュレーター - Daedalus X64 Beta 2 Update リリース 

任天堂64 の エミュレータ である Daedalus X64 がアップデートしました。 
機能の追加 や バグ修正 がされています。



Daedalus X64 は PSP で 任天堂64 をすることができる エミュレーターです。

変更点

[+] Added exception handler to emulation (Chilly Willy)
[+] Made UI selection wrap at top and bottom (Chilly Willy)
[+] Cleaned up the ROM preferences (Chilly Willy)
[+] ME Audio uses CPU event (CPU event system made thread-safe) (Chilly Willy)
[+] ME Audio made conditional (Async = ME, Sync = Old Audio) (Chilly Willy)
[+] Several Custom Blends Added (Kreationz, ShinyDude100, Wally)
[+] Rewrote microcode detection to fix a couple of bugs (StrmnNrmn)
[+] Added support for LOAD_UCODE, fixes a number of rendering glitches (StrmnNrmn)
[+] Speed hack detection (howard0su)
[+] Added JPEG support (howard0su)
[!] Fixed Texture Update Bug causing ghosting in MarioKart (Kreationz)
[!] Fixed an assert causing some homebrew not to run (StrmnNrmn)
[!] Added support for FlashRam and Eeprom16k save type (howard0su)
[!] Reworked saving/loading system (howard0su)
[^] OSEHLE Enabled with several OSHLE commands (Small speed up)(howard0su)
[^] Improved Audio ME code (Faster with Audio on) (Chilly Willy)
[^] Use VFPU to handle more transform and lighting (StrmnNrmn)
[^] Various rendering optimisations (StrmnNrmn)
[^] Various ucodes, many games show up correctly now (Wally)
[^] Corrected many savetypes in rom.ini (Wally)
[~] Various code cleanup (howard0su)

機能の追加 や バグ修正 がされています。
また、前回のバージョンよりも動作するゲームタイトルが増えているようです。

[ 手順 ]

準備するもの

CFW を導入済みの PSP-1000 / PSP-2000
任天堂64 の ROM

エミュレーター導入

1.Daedalus X64 beta 2 Update 本体 をダウンロードして 解凍します。

2.解凍してできた 26871_DaedalusX64_beta2_update フォルダ内にある
DaedalusX64 フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。 



[ メモリースティック構成:PSP/GAME/DaedalusX64 ]    

3.これでエミュレーターの導入は完了です。

4.任天堂64 の ROM を先ほど メモリースティック にコピーした DaedalusX64 フォルダの中にある Roms フォルダの中にコピーします。


5.これで エミュレーターの導入 は完了です。

使用方法


6.XMBから DaedalusX64 を起動します。  



7.ROM 選択画面 が表示されるので ×ボタン で ROM を選択します。 



8.「Start Emuration」を ×ボタン で選択するとゲームが起動します。

ゲーム中に SELECT ボタン を押すと オプション変更画面 が表示されますので そこでオプションが変更可能です。



[ 説明 ]

Edit Preferences:ゲーム中の設定を変更します
Save State:ステートセーブをします
Load State:セーブしたステートをロードします
Take screenshot:スクリーンショットを撮ります
Resume Emuration:ゲームに戻ります
Return to Main Menu:メインメニューに戻ります

- Edit Preferences の説明



Texture Update Check:マリオカートのような いくらかのゲームで必要です
FrameSkip:フレームをスキップして動作速度を速くします
Limit Framerate:動作速度が通常以上に出ないように制限します
Double Display Lists:ゴールデン・アイなどのいくらかのゲームによって必要です
Dynamic Recompilation:大部分の動作速度が出ている所で働きます
Dynamic Stack Optimisation:余分な速度のために Dynamic Recompilation で働きます
Dynamic Loop Optimisation:有効にすると 少し動作速度が向上しますが、いくらかのゲームが動かなくなります
High Level Emulation:動作速度が向上し安定に動作します
Audio: 
Disabled -  音が出ません ※動作速度が最も速くて一番安定しています
Sync - 音が出ます ※動作速度は遅くなりますが それなりに安定しています
Async - 音が出ます ※動作速度は速いですが不安定です
Controller:コントローラー設定をします






関連記事

関連エントリ抽出中...
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。