スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

PSP-2000やPSP-3000でCFWの機能が使用可能に - CFWEnabler 3.01 

PSP-2000 の対策基板でも CFW の機能が使用可能になる CFWEnabler の PSP-3000 に対応した アップデート版 がリリースされました。



PSP-3000 や PSP-2000 の 対策基板である TA-088 v3 基板 でも CFW の機能が使用可能になる CFWEnabler 3.01 がリリースされました。  

前回からの変更点

- vsh でプラグインをロードしなかったバグを修正
- PSP-3000 に対応
- グラフィックを改善した
- CFWEnabler の ネットワークアップデート に対応
- 非公式のアップデートシステムを追加
- 新しい設定オプションを追加
 - UMD リージョンフリー機能
 - CFWEnabler オンラインアップデート機能
 - アプリの アイコン 背景 の 非表示機能
 - バージョン偽装機能
- 新しい CPU 速度の設定 メニュー を追加
- registry hacks メニュー を追加
- version.txt メニュー を追加
- プラグイン メニュー でのバグを修正
- Changelog メニュー を追加

これは ChickHEN を利用して 一時的(PSPの電源を切るまで)に CFW の一部の機能を使うことができるようになるもので 内容は以下の通りです。

CFWEnabler 3.01 で 可能なこと

- ISO/CSO 起動
- プラグインが使用可能
- 自作アプリが動作する 
- 簡単なリカバリーモードの設定
- Pops Loader(PS1)に対応

※バージョンは FW 5.03 以下である必要がありますので注意してください。
XMB の 設定>本体設定>本体情報 で確認できます。 

これにより PSP-3000 や 対策された PSP-2000 でも CFW の機能が使えるようになりました。

[ 手順 ]

準備するもの

FW 5.03 以下の PSP-2000 (対策基板でも可能)または PSP-3000

CFW Enabler 導入

1.CFWEnabler 3.01 をダウンロードして 解凍します。

2.解凍してできた CFWEnabler301 フォルダの中にある CFWEnabler フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。



[ メモリースティック構成:PSP/GAME/CFWEnabler ]
 

3.これで CFW Enabler の導入は完了です。

HEN の導入と起動

4.ChickHEN R2 を起動させます。

ChickHEN R2 を まだ導入していない方は ChickHEN R2 リリース の記事を参考にして ChickHEN R2 を導入して起動させてください。

また PSP-2000/PSP-3000 で ほぼ 100% 動作する CHickHEN mod2 を使って ChickHEN R2 を起動させても構いません。

CFW Enabler インストール


5.XMB から「CFWLoader 3.01」を起動します。   



6.「Flash And Start」を ○ボタン で選択します。 



7.以下のように表示されるので「はい」を ○ボタン で選択して M33 CFW ファイルを PSP の flash に書き込みます。

To proceed,you need installation custom
firmware in flash
Do you want to continue?

 はい  いいえ

×戻る ○決定


8.ファイルの書き込みが始りますので、数秒待ちます。

9.終了すると以下のように表示されるので「はい」を ○ボタン で選択して CFWEnabler を起動します。

Custom firmware installed successfully!

Do you want start it?

 はい  いいえ

×戻る ○決定


10.「Starting...」と表示され 自動で PSP が再起動します。



11.本体設定>本体情報 で システムソフトウェア が「5.03 M33」になっていることを確認します。



12.これで CFWEnabler の起動は完了です。

CFW Enabler は一時的に ISO/CSO 起動 や プラグインの使用、自作アプリ が起動できるようになるだけで CFW Enabler を動作させてから一度 PSPの電源を切ったりすると 通常の FW に戻ってしまいます。 

※スリープモードなら 5.03 M33 の状態が保持されます。

一度 PSPの電源を切ってしまってから もう一度 CFW Enabler を起動させたい場合は 手順4 から手順をやり直す必要があります。

CFW Enabler の起動が2回目以降の場合

1.ChickHEN R2 を起動させます。

2.XMB から「CFWLoader 3.01」を起動します。

3.「Start」の項目で ○ボタン を押して CFW  Enabler を起動させてください 。

その他


プラグインを使用したい場合

[ CFWEnabler でプラグインを設定する ]

1.XMB から「CFWLoader 3.01」を起動します。

2.Settings を ○ボタン で選択します。



3.「Plugins」を ○ボタン で選択します。



4.プラグインの設定を変えることができます。



[ 手動でプラグインを設定する ]

メモリースティックの seplugins フォルダの中にある game.txt/vsh.txt/pops.txt に書き込まれている使用したいプラグインの
ms0:/seplugins/~.prx の右の部分に [ 半角スペース ][ 数字 ] というように入れます。

ここで 有効にしたい場合 上の 数字の部分に「1」と書き込みます。
また、プラグインを無効にしたい場合は「0」というように書き込みます。 

例:

 

書き込みが完了したら上書き保存します。

そしたら再度 CFW Enabler を再起動させる必要があるので XMB から CFW Loader for ChickHEN を起動した後に ×ボタン を押して再起動させます。

これでプラグインは有効になります。

PopsLoader(PS1)をしたい場合

1.FW 5.00 のアップデータ をダウンロードして解凍し EBOOT.PBP を メモリースティック の ルート ※PSPフォルダのあるところ にコピーします。

 

2.Psar Dumper  をダウンロードして 解凍します。

3.解凍してできた 24920_psardumper500_3000_too フォルダ内に入ある new psardumper フォルダをメモリースティックの PSP/GAME/ フォルダ の中にコピーします。



[
メモリースティック構成:PSP/GAME/new psardumper ]  

4.
XMBから「NEW PSAR DUMPER」を起動します。  

http://file.psp0009.blog.shinobi.jp/snap021.gif

5.メニューが表示されたら ×ボタン を押してアップデータを展開をします。

 

6.展開が終了すると自動でXMBに戻ります。

7. アップデータが展開された メモリースティック の ルートディレクトリ  ※PSPフォルダのあるところ にある F0 フォルダを開きます。



8.kd フォルダの中にある pops.prx と popsman.prx を メモリースティック の PSP/GAME/CFWEnabler/Pops/ フォルダの中にコピーします。

[ kd フォルダ内の pops.prx と popsman.prx ]


[ フォルダ構成:PSP/GAME/CFWEnabler/Pops/pops.prx と pops.man ]
 

9.XMB から CFW Enabler を起動させて「Flash Pops Modules」を ○ボタン で選択します。



10.以下のように表示されるので「はい」を ○ボタン で選択して Pops ファイルを flash に書き込みます。

You need to flash Pops modules.

Do you want continue?

 はい  いいえ

×戻る ○決定


11.ファイルの書き込みが完了すると 以下のように表示されるので「いいえ」を ○ボタン を押して XMB に戻ります。

Pops modules installed successfully!

Do you want to continue?

はい  いいえ

×戻る ○決定


12.これで PS1 ゲームをプレイすることができます。

うまく起動できなかったり ゲーム中にフリーズしてしまうような 場合は PopsLoader を使ってみたりしてください。

また、F0 フォルダ はもう使わないので削除しても構いません。 

簡単なリカバリーモード設定方法

1.XMB から「CFWLoader 3.01」を起動します。

2.Settings を ○ボタン で選択します。

3.「Configuration」を ○ボタン で選択します。



4.設定を変えることができます。

×ボタン:設定を変える / ○ボタン:設定を保存して戻る



バージョン偽装機能

1.XMB から「CFWLoader 3.01」を起動します。

2.Settings を ○ボタン で選択します。

3.「Change Version」を ○ボタン で選択します。

4.変更したいバージョンの項目を ○ボタン で選択します。



5.これで バージョンが選択したものに偽装されましたので ×ボタン で戻ります。






関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2009/06/08 ] HEN | Blog Ranking | Trackback
初めてコメントさせていただきます。

なるほど、これはバージョン偽装機能がついているのですね
FW5.50に偽装できるとは、かなりありがたいですなぁ

Psar Dumperでは、5.50の展開ができないんですよね
[ 2009/06/08 21:18 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です!
以前出たGEN-Aとは別物だよね?
CFWEとGEN-Aは共存出来ないって事を明記しておいた方がいい気がします
[ 2009/06/08 21:28 ] [ 編集 ]
いつも素早い更新に驚かされてばかりです。
いやぁ~管理人と作ってくださった方には
感謝感謝ですよww
ありがとうございます
[ 2009/06/08 21:57 ] [ 編集 ]
CFWEnablerが更新されて、PSP3000でもできるようになりましたか^^
[ 2009/06/08 23:01 ] [ 編集 ]
コーヒー零してUMD使えなかった3000で試した所、起動に成功しました。
ただ、ISO起動時、CFWLoader 3.01 を起動後、
Settings ⇒ Configuration にて、
UMD NODE を M33Driver に変更する必要がありました。
[ 2009/06/08 23:47 ] [ 編集 ]
ついに対策後PSPでCFWのほぼ全ての機能が使えるようになりましたか
素晴らしい!!
[ 2009/06/09 01:31 ] [ 編集 ]
実験で友達のPSP-3000で起動を試した結果、出来ました、
作った人、ありがとう!
[ 2009/06/09 16:05 ] [ 編集 ]
↑に同じく。
3000で普通にISO動かせました。
HENはフリーズしてなかなか大変だったけど。
[ 2009/06/09 17:23 ] [ 編集 ]
おお出来た
ちなみに、psp3000でCwcheat導入出来ました
PluginsConfigEditorをいれてCwcheatいれてさっき入れたPluginsConfigEditorでCwcheatのプラグインをオンにすれば出来た なんか関係ない話になっちゃってるwww
[ 2009/06/09 20:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。