スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

PSPでボタン連射やマクロを使うことができるプラグイン - MacroFire 3.0.5 

PSPで ボタン連射 や マクロ を使うことができるプラグイン MacroFire を紹介したいと思います。




MacroFire とは?

PSPのカスタムファームウェア上で動作するキーフックプラグインです。

- 任意に全機能のON/OFFを切り替えられます。
- アナログスティックの感度を調整できます。
- PSPのボタンやリモコンの割り当てを変更できます。
- ボタンを押している間だけ連射や自動連射、自動押しっぱなしなどを行えます。
- マクロ機能があり、一定の動作を自動的に繰り返すことができます。
- マクロはゲーム中でリアルタイムに実際の操作を記録することができます。
- マクロは複数同時に保持することができ、それらをゲーム中にボタンで実行することもできます。
- 連射設定やマクロは、メモリースティックへセーブおよびロードが可能です。
- これらの設定のデフォルト値をゲームIDごとに切り替えて読み込ませることができます。

作者ホームページ より


ゲーム中に 自動でボタンの連打 や 特定の動作を繰り返す マクロ機能 などが可能な便利なプラグインです。



[ 手順 ]

準備するもの

CFW 3.80 M33 以上のバージョンを導入済みの PSP-1000/PSP-2000 もしくは CFWEnabler が動作可能な PSP-3000

プラグインの導入

1.メモリースティックの ルートディレクトリ(PSPフォルダがあるところ)に seplugins フォルダを作成します。 ※すでに作成してある場合はしなくて良い

[ 右クリック>新規作成>フォルダ で作成する ]



2. MacroFire 3.0.5 をダウンロードして 解凍します。

3.解凍してできた 27606_macrofire305 フォルダ内にある macrofire.prx と macrofire.ini を 手順1 で メモリースティック の ルートディレクトリ に作成した seplugins フォルダの中にコピーします。 



[ フォルダ構成 ]


5.メモリースティックの ルートディレクトリ に作成した seplugins フォルダの中に game.txt を作成する。 ※すでに作成されている場合は作成しなくて良い

[ 右クリック>新規作成>テキストドキュメント で作成する ] 


6.手順5 で作成した game.txt に「ms0:/seplugins/macrofire.prx 1」と書き込みをして 上書き保存 をする。  



※すでに書き込みがある場合は下記の様に改行して追記してください

ms0:/seplugins/~.prx
ms0:/seplugins/macrofire.prx 1

7.これでプラグインの導入は完了です。

8.一度 PSP を 再起動(電源を切る)をしておいてください。

使用方法

詳細や使用法は MacroFire の readme を参照してください。







関連記事

関連エントリ抽出中...
このプラグインなら指が疲れなくてすみますね。
更新お疲れ様です。
あとhold+4.0がリリースされているのでお願いできますか?勝手な要望ですみません。
[ 2009/08/27 13:27 ] [ 編集 ]
PSPでDSができるDSonPSP date4が出てますよ。
[ 2009/08/27 20:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。