スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

IR Shell v5.0 patch for CFW 5.50GEN-B2 

様々な機能が搭載された自作アプリ IR Shell v5.0 の CFW 5.50 GEN-B2 対応版 を紹介したいと思います。




IR Shell は XMB の機能に様々な機能を追加させた 自作アプリで 使い慣れればかなり便利になります。

IR Shell で可能なこと

- メモリースティック や UMDディスク 等のメディアのディレクトリを直接閲覧 及び ファイルの再生や起動
- 写真を見る
- MP3 の音楽ファイルを再生
- 自作アプリを起動する
- PSPをリモコンにする(PSP-1000のみ)
- セーブデータを見る
- UMD を起動することができる
- 決めた自作アプリを一発起動する事が可能
- USB接続をする
- パソコン内の ISO や 自作アプリ などを USBケーブル経由 で起動
- USB Host に接続
- Net Host に接続
- PSP同士で Wi-Fi を使いファイル交換が可能
- ファイルマネージメントが可能
- Dev Hook を起動することができる
- IR Shell から XMB を起動することができる
- 時計アラーム機能
- CPU速度の変更
- IR Shell にロックをかけることができる
- ゲーム中の音楽を消すことができる
- PS1ゲームで 2P 対戦が可能
- マルチタスク機能搭載
- PMF 及び PMP 動画を視聴することが可能
- スキン変更することができる


XMBでの機能に加え 様々な便利な機能を追加されているので XMB の代わりとして使うことができます。

※CFW 5.50 GEN-B2 よりバージョンが低い場合は 多機能 XMB 拡張アプリ - IR Shell v5.0 の記事 を参考にしてください。

詳しい使い方は項目別に今後まとめていくつもりなので、今回は使用法のみ解説したいと思います。

[ 手順 ]

準備するもの

CFW 5.50 GEN-B2 を導入済みの PSP-1000/PSP-2000

IR Shell 導入 

1.iR Shell v5.0 patch for CFW 5.50GEN-B2 (full)
をダウンロードして 解凍します。


2.解凍してできた 27758_packirshellfor550gen_1254526422 フォルダ内の PSP/GAME/ フォルダにある「

irshell2x3x」フォルダ と「550 GEN IRSHELL」を メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。 



[ メモリースティック構成:PSP/GAME/irshell2x3x ] 

3.同じく 解凍してできた 27758_packirshellfor550gen_1254526422 フォルダの中にある「IRSHELL」フォルダ をメモリースティック の ルートディレクトリ(PSPフォルダのあるところ)にコピーします。 



メモリースティック の ルートディレクトリ:



4.これで IR Shell の導入 は完了です。


パッチを当てる 

IR Shell を使用するに当たってパッチを当てる必要があります。

ここからの作業はPSPのflashを書きかえますので 作業の途中で電源を切ったりMSを抜いたりしないでください。
電池は78%以上で作業は充電器をつなげたままの状態にしてください。
以下の手順を踏むことによりPSPが最悪壊れてしまう可能性があるので自己責任でお願いします

5.XMBから「IRSHELL FOR 5.50GEN B-2」を起動します。



6.メニューが表示されたら ×ボタン を押してパッチを当てます。

7.「Done !! Press X to Exit :=) .」と表示され パッチが当て終わったら ×ボタン を押して XMB に戻ります。



7.これで パッチを当てる は完了ですので IR Shell を使用することができます。

(※)設定の変更方法

IR Shell での設定を変更する方法を解説します。

XMB から IR SHELL を起動します。

http://file.psp0009.blog.shinobi.jp/4ad1a59f.gif

1.「IR Shell Configrator」を ×ボタン で選択します。



2.以下のような画面が表示されるので ×ボタン で起動します。



3.設定変更画面が表示されるので 必要があれば設定を変更します。



4.設定を変更したら ○ボタン を押して設定を保存します。

5.これで 設定の変更 は完了です。





関連記事

関連エントリ抽出中...
5.50U3Rだと導入後XMBに戻らずにフリーズします

リカバリーメニューからリカバリーフラッシャーを起動して、それからいろんなゲームを起動することはできました。

だからU3R最終版の人は導入をやめたほうがいいです。
[ 2009/10/04 13:29 ] [ 編集 ]
自分は5.50GEN-D2ですが、作動しました。
最新版の、つまりfw5.50以降のはまだ動きませんが以前のは動きます。

IRShellではなく通常だと最新版はできます。
[ 2009/11/03 02:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。