スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

任天堂64 エミュレータ - DaedalusX64 Alpha Rev441 

任天堂64 の エミュレータ である Daedalus の アップデートバージョン が リリースされました。 




DaedalusX64 は PSP で 任天堂64 を動作させることができる エミュレーターです。

変更点:

Alpha revision 441-437 changelog:

- Banjo Kazooie がイントロでフリーズする問題の一時的な修正
- Commit Changes を gspMacros.cpp で扱わないようにした
roms.ini に関するエラーする問題を修正
- merging の改良 と roms.ini を修正 
- Mortal Kombat 4 がプレイ可能になった
- ModifyVtx の クリーンアップ と リファクター をしたことにより GBI1 と GBI2 で一つの関数のみ必要になり PSP Renderer に様々な機能を移した
- FiddledVtxDKR を PSPrender.h に移動させた
- roms.ini に様々な変更を加えた
- mpRender hack を削除して PSPRenderer を使うようにした
vfpu math を追加


今回のアップデートは主に バグ修正 がされています。

[ 手順 ]

準備するもの

- CFW 3.80 以上のバージョンを導入済み または HEN が動作可能な PSP
- 任天堂64 の ROM

エミュレーター導入

1.DaedalusX64 Alpha Rev441 をダウンロードして 解凍します。


2.解凍してできた DaedalusX64AlphaRev441 フォルダの中にある「DaedalusX64」フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。  



[ メモリースティック構成:PSP/GAME/DaedalusX64 ] 


3.これでエミュレーターの導入は完了です。

4.任天堂64 の ROM を先ほど メモリースティック にコピーした「DaedalusX64」フォルダの中にある「Roms」フォルダの中にコピーします。



5.これで エミュレーターの導入 は完了です。

使用方法


6.XMB の ゲーム>メモリースティック から「DaedalusX64」を起動します。  



7.ROM 選択画面 が表示されるので ×ボタン で ROM を選択します。 

http://file.psp0009.blog.shinobi.jp/snap019.gif

8.「Start Emuration」を ×ボタン で選択するとゲームが起動します。

ゲーム中に SELECT ボタン を押すと オプション変更画面 が表示されますので そこでオプションが変更可能です。



[ 説明 ]

Edit Preferences:ゲーム中の設定を変更します
Save State:ステートセーブをします
Load State:セーブしたステートをロードします
Take screenshot:スクリーンショットを撮ります
Resume Emuration:ゲームに戻ります
Return to Main Menu:メインメニューに戻ります

- Edit Preferences の説明



Texture Update Check:マリオカートのような いくらかのゲームで必要です
FrameSkip:フレームをスキップして動作速度を速くします
Limit Framerate:動作速度が通常以上に出ないように制限します
Double Display Lists:ゴールデン・アイなどのいくらかのゲームによって必要です
Dynamic Recompilation:大部分の動作速度が出ている所で働きます
Dynamic Stack Optimisation:余分な速度のために Dynamic Recompilation で働きます
High Level Emulation:動作速度が向上し安定に動作します
Audio: 
Disabled -  音が出ません ※動作速度が最も速くて一番安定しています
Sync - 音が出ます ※動作速度は遅くなりますが それなりに安定しています
Async - 音が出ます ※動作速度は速いですが不安定です
Controller:コントローラー設定をします

設定を変更したら Confirm Settings を ×ボタン で選択して設定を保存します。

- Advanced Options の説明



Clean Scene:Clean Scene 機能が有効にする
Dynamic Loop Optimisation:有効にすると 少し動作速度が向上しますが、いくらかのゲームが動かなくなります
GoldenEye TLB Hack:ゴールデンアイのゲームで TLB ハックを有効にします
Double Display Lists:Double Display Lists 機能を有効にします
Disable Simulate Double:シュミレート Double Display を無効にします
View Port Hack:Super Bowlling 64 で View port Hack を有効にします
Disable Flat Shade:Flat Shade を無効にします

設定を変更したら Confirm Settings を ×ボタン で選択して設定を保存します。






関連記事

関連エントリ抽出中...
いつもこのサイトを拝見させていただいて助かっています
PSP-2000 5.50GEN-D2なのですがGAMEフォルダに入れても破損データと表示されて起動ができません。
バージョン下げなきゃできないんでしょうかね・・・?
[ 2009/11/05 11:33 ] [ 編集 ]
僕のも同じ状態になりました。

もしかして名前が長いのがいけないのでは?と思い、
『DaedalusX64AlphaRev441』のフォルダを名前の変更で
『Daedalusx64』とした所、起動しました。
[ 2009/11/07 19:01 ] [ 編集 ]
ファイル名を短くすると直りますよ
[ 2009/11/08 01:10 ] [ 編集 ]
どこかで聞いた話だったんですけど、メモステに入れる「DaedalusX64」フォルダの名前を簡略するとうまくいくという話を聞きました。
自分も最初は同じように破損ファイル扱いと出てしまったのですが、「N64」にリネームしたところちゃんと読み込んでくれました。

PSPのバージョンによってフォルダ名の長さでうまくいかない時があるのでしょうか。
自分のバージョンはmosaさんと同じく5.50GEN-D2です。
[ 2009/11/08 18:00 ] [ 編集 ]
フォルダの名前が長すぎると破損データとして表示されてさいまうようでので、フォルダ名を短くしたものに差し替えておきました。
[ 2009/11/08 20:21 ] [ 編集 ]
返事が遅くなりました。
名前を変更したところ問題なく動作しました。
質問に答えてくださった方々と管理人さんに感謝です^^
[ 2009/11/10 09:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。