スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

Recovery Flasher v1.60 

PSP に様々なバージョンの CFW を直接導入したり 復旧したりすることができる 多機能な Recovery Flasher 1.60 がリリースされました。



このアプリを使うことによって どんな CFW のバージョンの PSP でも 直接 CFW 3.71M33~5.00 M33 を導入することができます。

このツールで可能なこと:

- セミブリック状態の PSP の修復
- CFW のアップグレードとダウングレード
- NAND のバックアップとリストア
- パンドラバッテリーの作成

例えば CFW 5.50 GEN などの CFW から CFW 5.00 M33 に パンドラバッテリーを使わず 直接インストールするといったことも可能です。
また セミブリック状態 (電源をつけると画面は真っ暗だが リカバリーモードは起動できる)の壊れた PSP もリカバリーモードからパンドラバッテリー無しで 修復することが可能です。

今回は CFW を直接インストールする方法 と セミブリック状態の PSP を修復する方法 を解説します。

[ 手順 ] 

準備するもの

- CFW 導入済みの PSP-1000/PSP-2000

インストーラー導入

1.Recovery Flasher v1.60 をダウンロードして 解凍します。


2.解凍してできた rflash160 フォルダ内にある「RECOVERY」フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。      



[ メモリースティック構成:PSP/GAME/RECOVERY ]    


3.導入したい CFW のバージョンのアップデータ をダウンロードして 解凍します。 

※例えば CFW 5.00 M33 を導入したい場合は FW 5.00 のアップデータをダウンロードして 解凍します

- FW 5.00 のアップデータ
- FW 4.01 のアップデータ
- FW 3.90 のアップデータ
- FW 3.80 のアップデータ
- FW 3.71 のアップデータ

4.先ほど ダウンロードして解凍したアップデータ「EBOOT.PBP」の名前を FW バージョン の番号をつけます。

[ 右クリック>名前の変更 を選択 ] 

注意:バージョン X.XX の「.」を抜いた XXX という番号をファイル名の末尾に付け加える

例:CFW 5.00 M33 の場合
手順3 でダウンロードして解凍した FW 5.00 のアップデータである EBOOT.PBP の名前を以下のように変えます。

解凍してできた アップデータ(EBOOT.PBP) を「500.PBP」という名前に変えます。

※拡張子に注意しましょう

[ 右クリック>名前の変更 を選択 ]


5.手順4 で名前を変えた アップデータ を 手順2 で メモリースティック の PSP/GAME/ にコピーした  RECOVERY フォルダの中にコピーします。 

例:CFW 5.00 M33 の場合

[ メモリースティック構成:PSP/GAME/RECOVERY/500.PBP ]  


6.これで インストーラー導入 は完了です。

ツールの実行

ここからの作業はPSPのflashを書きかえますので 作業の途中で電源を切ったりMSを抜いたりしないでください。
電池は78%以上で作業は充電器をつなげたままの状態にしてください。
以下の手順を踏むことによりPSPが最悪壊れてしまう可能性があるので自己責任でお願いします。

7.Recovery Flasher を起動します。

※PSP に直接 CFW を導入する場合 と セミブリック状態の PSP を復旧する場合で手順が異なります

PSPに直接導入する場合:
 
7-1.XMB の GAME>メモリースティック から「Recovery Flasherを起動します。

rflash160.gif  

セミブリック状態の PSP を復旧する場合:

7-1.Rボタン を押しながらPSPの電源を入れて リカバリーモードを起動します。

7-2.「Run program at /PSP/GAME/RECOVERY/EBOOT.PBP」の項目を ×ボタン で選択すると Recovery Flasher が起動します。

Toggle USB
Configration ->
Run program at /PSP/GAME/RECOVERY/EBOOT.PBP
Advanced ->
Plugins ->
Registry hacks ->
Exit ->

8.下記のような注意書きが表示されるので「I AGREE,mow take me to the probram!」の項目で ×ボタン を押します。

...

* I do NOT agree to this!
* I AGREE, now take me to the probram!
* I AGREE - never show this again!

9.メニューが表示されます。

** Main-Menu **

Target FW: 5.00 (X to cycle/change)
Install CFW (of version selected above)
Flash/Restore complete FW from backup

Back Flash content
Cache special updater modules

Restore: XMB theme releted files
Restore: Settings
Restore: PSN Store actiovation

>Launch another app from /PSP/GAME....
Make NAND dump
Make the battery a PANDRA one

EXIT

10.「Target FW」で ×ボタン を押して PSP に 導入したい CFW のバージョンに変更します。

例:CFW 5.00 M33 を導入したい場合
Target FW: 5.00 (X to cycle/change) になるようにします

11.「Install CFW」を ×ボタン で選択します。

12.下記のような注意書きが表示されますので「reset (format) setting as well 」を ×ボタン で選択します。 

** CFW Instllation **

reset (format) setting as well
do not reset (format) settings

I changed my mind, let me out...

13.するとファイルの展開と CFW のインストールが始まります。

14.インストールが終了すると下記のように表示されるので 何かボタンを押すと電源が切れます。

...

All done
Press any botton to shutdown...

15.PSP の電源を入れて 初期設定を済ました後に 本体設定>本体情報 でバージョンを確認して 導入したかった CFW の バージョン表示になっていれば完了です。







関連記事

関連エントリ抽出中...
2.解凍してできた rflash160 フォルダ内にある UPDATE フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。

とありますが、
rflash160フォルダ内にUPDATEフォルダが無いですよ
もしこちらのミスでしたらすいませんが確認お願いします
[ 2010/01/01 09:22 ] [ 編集 ]
何回やってもだめでしたが、
プラグインを全部Disにしたらいけました!!
[ 2010/03/14 12:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。