スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

eboot_exchange v2.6 + リリース 

PSP で簡単に ISO の EBOOT.BIN を 抽出して復号化と書き換え の全てをすることができる eboot_exchange v2.6+ がリリースされました。



FW 5.55 や 6.00 以上 を要求する UMD の ISO にある EBOOT.BIN を復号化して書き換えることにより 起動できるようになる eboot_exchange v2.6+ がリリースされました。

前回からの変更点:

- EDecrypt_1.3 に同梱の pspdecrypt.prx に差替え

これにより FW 6.00 以上を要求する UMD の ISO にも対応しました。

これには ISO から UMDGen を使って EBOOT.BIN を抽出して 5.55 & 6.00 Games Decrypter  で復号化した後に 再度 UMD Gen で上書きする必要がありましたが takka 氏がリリースした eboot_exchange により UMDGen を使わなくても PSP だけで 簡単に ISO の再構築をすることができます。

パソコンの環境によっては UMDGen の動作がうまくいかなかったりすることもあるので PSP 上で全ての作業ができるというのは助かります。

また UMDGen の txtエクスポート/インポート機能は LBA を保存するために利用しますが eboot_exchangeは元々LBAは一切変更しないため txtエクスポート/インポートを利用したときと同じ状態にて再構築されるとのことです。
そのため eboot_exchange を使えば File List の Export と Import をする必要がなくなるので パソコンでやるよりも手間がかかりません。

他にも eboot_exchange は 5.55 & 6.00 Games Decrypter を使わなくても EBOOT.BIN の復号化ができるようになったため ボタンひとつで ISO の EBOOT.BIN を 抽出して復号化と書き換えをすることが可能になりました。

これにより UMD Gen と Games decrypter を使う必要と手間がなくなりましたのでとても便利です。  

今回のアップデートにより  新たに FW 6.00 以上を要求する UMD や ISO に対応したため CFW 5.50 GEN-D3 や 5.03 GEN-C for HEN でなくては起動できなかった FW 6.00 以上を要求する UMD の ISO が 他の CFW のバージョン(5.00 M33, 5.50 GEN など) でも起動できるようになります。

CFW 5.50 GEN-D3 を導入して 破損データ扱いになってしまう セーブデータ を使いたくて 前のーバージョンに戻しても この eboot_exchange を使えば FW 6.00 以上を要求する UMD の ISO を起動することができるといった使い方ができます。

eboot_exchange v2.6+ 更新履歴:

v1.0 からの変更点
- EBOOT.BIN変更済みのISOの場合のエラー処理の追加
- EBOOT.EBTが無い場合のエラー処理の追加
- /DECRYPTOR/EBOOT.BINがない/複合されていない場合のエラー処理を追加

v1.1 からの変更点
- EBOOT.BINの変更ができなくなってしまっていたのを修正
- バージョン表記を修正

v1.20 からの変更点
- 10%ほどの高速化
- SELECTボタンによる ms0:/EBOOT.BIN と ms0:/DECRYPTOR/EBOOT.BIN の削除機能を追加

v1.21 からの変更点
- 復号化機能/自動処理機能を追加
- Game Decrypter等は必要なくなりましたので、これ単体でISO起動できるようになります

v2.0 からの変更点
- 非バックアップモードの追加
- 上下キーによるディレクトリの移動

v2.1 からの変更点
- バックアップモードが有効にならなかったのを修正
- 5.50未満のファームに対応するパッチの追加(EBOOT.BIN Patcher 1.0 とほぼ同様の機能)
ただし、バッチ後のデータからの対応なので完全に同じでない可能性はあります
- まれにEBOOT.BINを認識できない可能性があったのを修正

v2.2 からの変更点
- メモリ不足の対策として EBOOT.BIN の最大サイズを10MB->8MBに変更
- CSOファイルに対応

v2.3 からの変更点
- ISOファイルに対して操作を行うとISOファイルが破損してしまうのを修正

v2.5βからの変更点
- Ys7のフリーズバグに対応

v2.4からの変更点
- アンデットナイツのパッチに対応

v2.5からの変更点
- Ys7のフリーズバグに対応

v2.6からの変更点
- EDecrypt_1.3 に同梱のpspdecrypt.prxに差替え


あらかじめ FW 5.55 または FW 6.00 以上 を要求する UMD の ISO(CSO)吸出し を メモリースティック の ISO フォルダにやっておいてください。

Vsh Menu の UMD ISO Mode の設定は「M33 Driver」を使用することをお勧めします。

注意:

- 大サイズの EBOOT.BIN に対応するためにメモリを限界近くまで確保しています
- 特に PSP-1000 で正常に動作しない場合があるかもしれないようです
- EBOOT.BIN のサイズに 8MB までの制限があります
- 各種エラー対策は未完成です
- 可能性としては低いですが 復号後のサイズや圧縮後のサイズが元ファイルより大きくなった場合は通常の処理が行えません(エラー処理や回避処理は未実装です)
- ファイルサイズを保存している部分も変更しているのですが、変更による再圧縮にて保存部分のサイズが大きくなった場合 ファイルサイズは変わらないままとなってしまい、エラーになる可能性もあります(対策もあるのですが処理が煩雑となるため、今回は対処していません)
- 修復時にも圧縮率の違いで同一のバイナリにならない可能性があります
- 本来予定の FW での動作では無い場合 将来セーブデーターを利用できない可能性がある(例:CFW5.00 M33でセーブ、OFW6.20でのセーブデータ読込みエラー等)

[ 手順 ] 

準備するもの

- CFW 5.50 GEN 導入済みの PSP-1000/PSP-2000 または 5.03 GEN for HEN, CFW Enabler が動作可能な PSP-2000/PSP-3000

ツールの導入


1.eboot_exchange ver 2.6+ をダウンロードして 解凍します。


2.解凍してできた ebt_exchangev2.6plus フォルダの中にある ebt_exchange フォルダを メモリースティック の PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。        



[ メモリースティック構成:PSP/GAME/ebt_exchange ]    
 

3.これで ツールの導入 は完了です。

ISO の EBOOT.BIN を復号化して上書き


4.XMB の GAME>メモリースティック から「eboot_exchange ver 2.6を起動します。



5.L/R ボタン で FW 5.55 または FW 6.00 以上を要求する UMD の ISO ファイルを選択します。  

操作方法

L/Rトリガー :ファイルの選択
方向キー ↑↓:ディレクトリの移動
STARTボタン:バックアップモード/パッチモード の切替え
SELECTボタン:ALLモード

※ここで グランツーリスモなどの CFW 5.50 GEN では動作するが CFW Enabler や 5.03 GEN for HEN(対策された PSP-2000 や PSP-3000)で動作しない UMD の ISO を起動できるようにしたい場合は STARTボタン を押して「NO PATCH MODE → PATCH MODE」に変更してください



6.△ボタン を押すと EBOOT.BIN の抽出とバックアップ そして 復号化と書き換え が始まります。

7.完了すると「EXCHANGE DONE」と表示されるので ×ボタン を押して XMB に戻ります。



8.あとは XMB の GAME>メモリースティック から起動できれば完了です。

 

 

これで FW 5.55 や 6.00 以上を要求する UMD の ISO を CFW の PSP で起動することができます。






関連記事

関連エントリ抽出中...
便利ですな~
助かります
これで破損データだったセーブデータが使用できる!!
[ 2009/12/21 10:42 ] [ 編集 ]
PSP1台しかないのでGEN-D3の導入は躊躇っていましたが、これがあれば十分ですね!!
[ 2009/12/21 11:38 ] [ 編集 ]
いや。
できました。

いま思い出したんですが
名前を(ファイル名)を
    日本語にしてたせいでした。

ありがとうございました
[ 2009/12/21 11:53 ] [ 編集 ]
これでNEXT PLUSとかがCFW5.00M33-4とかでできるようなるのか・・・。

太鼓のセーブデータも読み込めることだろうし・・・嬉しいね。

紹介お疲れ様です。 そしてTakka氏ありがとう。
[ 2009/12/21 17:17 ] [ 編集 ]
お疲れ様です!!
早速導入しようと思います!!!
[ 2009/12/21 20:29 ] [ 編集 ]
PSP1000 5.00M33-6 ナルティメットアクセル3 起動確認しました。 ありがとうございました。
[ 2009/12/22 20:53 ] [ 編集 ]
暗号化の解読やっとできた~。
でも、実際、こっちのほうが楽なんだが。

後、ナルティメットアクセル3の動作確認。
CFW 5.50 GEN-Bで動作確認。
[ 2009/12/23 12:17 ] [ 編集 ]
PSP-1000 CFW5.50GEN-D
NEXT PLUS 起動確認しました。
ありがとです^^
[ 2009/12/23 14:59 ] [ 編集 ]
アサシンクリード起動確認しました!!
[ 2009/12/23 15:34 ] [ 編集 ]
PSP-3000 5.03GEN-B(Full) にてファンタシースターポータブル2の起動を確認しました。ありがたい・・・。
[ 2009/12/23 17:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。