スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | Blog Ranking | Trackback(-)

Half Byte Loader Beta 1.1 リリース 

FW 6.20 までの PSP で自作アプリが起動できる Half Byte Loader Beta 1.1 がリリースされました。




Half Byte Loader は wololo, m0skit0 氏によってオープンソースで開発が進められている自作アプリローダーです。
これは  最新の公式 FW 6.20 までのすべての PSP(対策されている PSP2000, PSP-3000, PSP go 含む)で動作させることが可能です。

Half Byte Loader の特徴:

- ユーザーモードで動作する自作アプリローダー
- ISO, PS1ゲーム は起動することができない
- FW 6.20 までの PSP-1000, PSP-2000, PSP-3000 と PSP go で動作する

パタポン2 に存在するセーブデータの脆弱性を利用してPSP-2000,PSP-3000 や PSP go でも自作アプリを動作させることが可能になります。
現時点では簡単な自作アプリは起動できますが エミュレータといったものは、まだ起動できない(一部のエミュレータは起動可能)ようです。
今後のアップデートで他の自作アプリやエミュレータなどの自作アプリにも対応できるようにしたいとのことです。
まだ開発中のため PSP の型番やバージョンによってはうまく動作しない場合があります。

最近の Half Byte Loader では NES(ファミコン), SNES(スーパーファミコン), Picodrive , GB, GBA , N64 といったエミュレータの動作が 動作リスト で確認されています。

今回リリースされた Half Byte Loader beta 1.1 Revision 86 は 現在開発されている Half Byte Loader の最新版となっています。

変更点:

- Half Byte Loader をパーティション 2 に戻すことにより Wagic や gpsp で rom を正常にロードできなかった不具合を修正
- 構造体のグローバル関数をすべてスクラッチパッドに移動した

- Daedalus で FW エラーが発生していた不具合を修正
- Test Homebrew 機能を追加
- P5 をクリーンアップ


Half Byte Loader はまだ開発中の段階のため PSP のバージョンや型番によってうまく動作しない場合があります。  

最新の Half Byte Loader を動作させてみたい方は管理人がコンパイルしましたので以下の手順を参考にして動作させてみてください。

[ 手順 ]

準備するもの

- FW 6.20 までの PSP-1000,2000,3000 または PSP go
- 動作させたい自作アプリ

Half Byte Loader 導入

1.英語版 パタポン2 体験版 をダウンロードして解凍します。


2.ダウンロードして解凍したパタポン2の体験版の「UCUS98734」フォルダをメモリースティックの PSP/GAME/ フォルダの中にコピーします。



[ メモリースティック構成:PSP/GAME/UCUS98734 ]


3.Half Byte Loader beta 1.1 Revision 86 をダウンロードして解凍します。


4.解凍してできた hblbeta11r70 フォルダ内にある Half Byte Loader r86 を開いて、その中にある h.bin と hbl フォルダをメモリースティックの ルートディレクトリ(PSPフォルダがあるところ)にコピーします。  



[メモリースティックのルートディレクトリ ] 


6.同じく解凍してできた hblbeta11r86 フォルダ内の Gosploit for hbl フォルダの中にある「UCUS98732_DATA02」フォルダをメモリースティックの PSP/SAVEDATA/ フォルダにコピーします。  

 

[ メモリースティック構成:PSP/GAME/UCUS98732_DATA02 ]
 

7.動作させたい自作アプリをメモリースティックの PSP/GAME/ フォルダの中にコピーしておきます。

8.これで Half Byte Loader の導入は完了です。

Half Byte Loader 動作手順

1.PSP で 英語版 パタポン2 体験版 を起動します。



2.初回起動時は以下の画面のように「Systemdata not found.」と表示されるので「Yes」を選択してシステムデータを作成します。



3.「CONTINUE」を選択してセーブデータを読み込みます。



4.ロードが完了して何かボタンを押すと以下の画面のようにゲームが開始するので「Rボタン」を押します。



5.Half Byte Loader がロードされると以下のようにメニューが表示されますので、起動したい自作アプリにカーソルを合わせて ×ボタン を押すと自作アプリが動作します。



ここで XMB に戻ってしまったり, フリーズしてしまう場合はその自作アプリは動作させることができません。

※Half Byte Loader で動作する自作アプリは 自作アプリ動作リスト を確認してみてください





関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2010/04/08 ] eLoader | Blog Ranking | Trackback
コメントの投稿
※コメントは承認制となっておりますので反映に時間がかかります。













管理者にだけ表示を許可する
PS1
■PS1変換ソフト
- popstation v4
- popstation v5 

■PS1ディスク交換用ソフト
- PopstationMD Free GUI

■様々なFWのPopsが使用可能
- PopsLoader v2
- Popsloader for 5.00 M33-2
- Popsloader for 5.50 GEN
- Popsloader Extracter v0.0.2
全記事表示リンク
メールフォーム

ご要望や連絡等を受け付けております。

※質問は受け付けていませんので、記事のコメントへお願いします。

お名前:

メールアドレス:

件名:

本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。